IPOの当選確率を上げるコツ

まずは・・・

「応募しまくりましょう!」

・・・というと怒られるかもしれませんが、これが一番の常套手段です。
管理人は下記の方法で過去数度当選しています。

では、具体的に応募しまくり「当選確率を上げる方法」とは・・・

「証券口座は複数開設しましょう!」 応募する機会を増やす!
「家族にも協力してもらいましょう!」 当選人数を増やす!

IPOの案件を受け持つ証券会社は、銘柄によりバラバラです。
複数の証券会社の口座を開設することによりIPOに応募する機会が増えます。

また、証券会社によっては、「自分だけ」で申し込むよりも、「自分」と「身内」にて申し込んだ方が応募口数が増えて、当たる確立が上がります。

1.ネット証券会社を複数開設する理由

IPOは、上場する企業によって「主幹事」や「引受け証券会社」が異なります。

「主幹事」とは字のごとく、その企業を上場する幹事を務める証券会社。
「引受け証券会社」とは、「公募」を行なう証券会社のことです。

ちなみに、IPOの主幹事は「店頭型の証券会社」が務めることが多いです。
ただし、店頭型は証券マンや担当者との対面方式の取引です。

「資金が豊富で取引等を頻繁に行っているお得意さん」から「割当(配布)」されていきますので、お得意さんになれない場合やIPOだけしか狙っていない場合は 当たることは まず ありません。
何故なら、IPOの配布は いわば景品みたいなもので、お得意さんが欲しいと言えば、割当するわけです。

お得意さんになりづらい「多くの個人投資家」の場合は、抽選により当選の可能性がある「ネット証券」の方が店頭型証券会社より当選(割当)しやすいです。

公募はどの証券会社でも取り扱っているわけではなく、上場する企業により「主幹事」と「引受け証券会社」のみで公募が行なわれます。

つまり、Aの銘柄の上場のIPOを扱っているのは「マネックス証券」、Bの銘柄の上場のIPOを扱っているのは「SBI証券」・・・と銘柄によりIPOを担当する証券会社は変ります。

つまり、「aaa証券」の口座しか開いていないとA銘柄のIPOにしか参加出来ませんが、「bbb証券」の口座も開いているとB銘柄のIPOにも参加できるということです。(応募機会が増える)

そこで私も複数の証券会社に口座を開いています。

IPOが当選しやすい証券会社

複数の証券会社を開いていると、参加できる企業の数が増えますので公募に挑戦できる可能性は増えていきます。

ここで注意して頂きたいのは、

「まず先に口座を開設しておきましょう」

ということです。

抽選に参加したい銘柄が出てきたので「あそこの口座を開きたい!」と思っても、口座開設まで時間がかかる場合があります。よって手続きをしている間に抽選の期間が終わってしまったという場合もありえます・・・というか実体験としてありました。

イザという時にきちんと抽選するためにも主要な口座は前もって開設しておきましょう。
口座開設しても維持手数料はかかりませんし、お金を入れておく必要もありません。

2.家族にも口座開設を協力してもらう理由

マネックス証券」や「SMBC日興証券」のような「完全公平抽選」を採用している証券会社の場合、IPOの抽選は 口座名義人につき1つの抽選権が割り当てられます。

口座開設の名義が本人だけだと、目的の銘柄に応募出来るのは1回だけとなります。

そこで、身内の誰かに協力してもらい、身内にも応募してもらうと「本人」+「身内」の応募で2回抽選出来ることになり当選のチャンスは2倍となります。(当選確率が上がる)

IPOの当選確率の上げ方

宝くじでだって1枚買うよりは2枚買ったほうが当選確率はあがりますよね。
理屈的にはそちらと一緒です。

私の場合は、家族総出(親・奥さん・弟・妹)でIPOの抽選だけ参加してもらってます。
(弟の子供たちも未成年口座を開設しIPOに参加しています)

下記の当選しやすい証券会社で紹介している「マネックス証券」は、私も過去11度も当選しており、特におすすめです。さらに、未成年も口座開設が可能でIPOも購入出来ます。

IPOが当選しやすい証券会社

未成年でも株式投資が出来る証券会社

ただし、奥さんや弟さんなどの身内であっても勝手に口座を開設して取引することは法律上 出来ません。身内を説得できず、口座開設が嫌だと言われたら素直に諦めましょう。

赤ちゃんなどの未成年口座の場合、親(親権者)が法定代理人になりますので、問題ありません。

最後にチョットしたコツとして、IPO公募の度に証券会社の口座の資金を 他証券会社の口座に移動させるのは大変です。

そこで、「ネット銀行」や一般銀行のオンラインサービスを使って、自宅で24時間資金の移動の注文を出せる状態にしておけば、スムーズに口座間の資金移動が出来るようになります。
(私は「ジャパンネットバンク」を利用しています)

証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券」と 「現金2,000円」が頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
お得なこの機会に口座開設を是非どうぞ (  ̄∇ ̄)

IPOの主幹事や引受幹事証券になる機会も多い証券会社で、IPO当選狙いには必須の証券会社です。管理人も各証券会社にてIPOの当選実績があります。)

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

自営業なら法人名義の口座開設もアリ

あまりないかと思いますが、自営業の場合は会社名義で口座を開くことも可能です。
私の実家は自営業を営んでおり、法人口座も開設しております。

IPOは基本的に応募出来ますが、まれにIPOの予定企業から「IPO参加は個人限定」のお達しが来ることがあり、その場合は応募出来ません。

身内に協力してもらえば株主優待もお得に

ちなみに、身内に協力してもらい口座を開設すると「株主優待」もお得に頂くチャンスが増えます。IPOだけではなく、合わせてご利用下さい。

庶民のIPO

IPOを紹介した姉妹サイトを公開しました。

IPOとは?」でIPOの基本的な仕組みを紹介し、「IPOの当選攻略法」ではIPO当選のコツを紹介しています。

また、「IPOの実績データ」ではIPOの傾向を紹介し、IPOのスケジュール管理に便利な「メール通知システム」等を公開しています。

IPOの当選確率をあげるには家族を使い「当選人数を増やす方法」と
証券会社を複数開設し「応募する機会を増やす方法」があるんです。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

1/31(火)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

3/31(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google