確定するまでは利益ではない

「含み益は確定してこそ利益になる」

過去の経験の中で「損切り」を実行することの大事さとともに・・・、

利益をきちんと確定させる」こと。

の大事さが身に染みました。

過去、何度も・・・

「大幅含み益」「大幅含み損」

を保有銘柄で繰り返してきました。

その度に「あ~あの時売れば良かったな」と何度思ったことでしょう( ノД`)

いったん、利益が出ている銘柄が下落をはじめても、

「また反転して利益が出るだろう・・・」

と安易に保有を続けた結果、いつの間にやら含み益が含み損に変わっているということが多々ありました。

大事なのはきちんと利益を確定させること

特に、いったん利益が出ていた銘柄は最悪でも買値とトントンくらいで売却しないと後悔することになりそうです。買いたければ また下がったところで買いなおせばいいんです。

含み益銘柄の売却後、さらに株価の上げに勢いが出て、

「まだ持っていれば、もっと利益が出たな」・・・という後悔

と、

利益確定を見送り、保有銘柄が下落を続け、

「少しでもいいので利益確定しておけば良かったな」・・・という後悔

どちらも同じ後悔ですが、
上記は、さらなる利益が得れたなという「欲」による後悔はありますが利益は確実に得ている
下記は、売りのタイミングの「失敗」という後悔とともに利益も取り損ねている

利益を確実に上げて資産を地道に増やしていくには、下記の後悔はしないように投資を行うのが良さそうです。

「欲ばり」なのが人間の悲しい性。
いかに欲を抑えて利益確定ができるかが私にとっては今後重要な課題となりそうです。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。