株式投資と国債に興味を持つ女性の疑問

2015年のお盆の話です。

Hさん

お盆は親戚一同が集まる機会でもあります。
必ずと言って出てくる話が「健康」と「お金」の話

そんな中、20代後半の知人女性「Hさん」からこんな話題が。

とある女性先輩のハナシ

Hさんは会社勤め。
仲の良い40代独身女性の先輩がいるようです。

ご飯に一緒に行くといつもおごってくれる先輩。

ふと、貯金の話になり 先輩の貯金額を探っていると どうやら100万円も貯金がない様子。
それなのに いつもおごってくれる先輩に対して心配になったようです。

自分のことも心配になる

Hさん

自分の貯金額も多くはない「Hさん」。

働き始めた頃は毎月1~2万円を貯金をしてたようですが、現在はすぐに必要でない金額を 年末にまとめて定期預金にしているそうです。(堅実!?)


昨年、親戚一同が集まった際の話を聞いていたので、貯金をしていてもお金は増えない事は分かっているようです。

そこで、「株式投資」か「国債」を始めたいが どちらも口座開設までが難しそうで 手が出ないんだとか。

口座開設は難しくない

口座開設が難しそうなイメージ。私にも分かります。
なぜなら、初心者のころ 私も難しいと思っていたから (  ̄∇ ̄)

私が始めた2004年 当時は参考になるサイト等も少なく 分からない箇所はテキトーに書類を書いて提出してしまったため、あとで手直し等が必要になりました。

その経験があり、私のサイトでは口座開設で迷う点をサイト内で紹介しています。

国債をやるか、株式投資をやるか

「国債(個人向け)」と「株式投資」について Hさんにそれぞれ簡単に説明しました。

  • 国債・・・ローリスク・ローリターン
    貯金に多少 毛が生えた程度の金利(固定3年で0.05%)。元本割れは ほぼない。
  • 株式投資・・・ハイリスク・ハイリターン
    損失を出すリスクがあるが、貯金や国債では得られないようなリターンもある。

上記を説明すると、両方やってみるということでした。賢い!

購入に必要な金額

個人向け国債はマネックス証券では1万円から購入することが可能です。

株式投資についても、大きい金額がないと買えないイメージがあったようですが、上場企業の約4割は10万円以内で購入ができます。

参考までに

2019年3月19日時点で上場数は、4,370銘柄になります。

さらに、「ワン株」や「S株」などの単元未満株を利用すると、数百円からでも購入が可能です。つまり、株式投資の方が国債より少ない金額にて投資が可能です。

参考までに、投資資金が20万円あれば全体の約6割の株式を購入できます。

株主優待にも興味あり

Hさんにいろいろ 説明すると「株主優待」にも前々から興味があったようです。

株主優待をやりたい事と単元未満株を利用したい事を踏まえ、SBI証券カブドットコム証券の口座開設をおすすめしました。

ちなみに昨年のお盆は、20代のT君が株式投資をはじめ IPOに当選しました。

Hさんにも、株式投資や国債で良い結果を出してほしいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。