貯金だけではお金は増えない

2014年のお盆の話です。

世の中はお盆。
親戚一同が集まる機会でもあります。

T君

そこで、飛び出す 働きはじめたばかりの20代への質問。

「貯金しているの?」


質問されたT君。

貯金をしているそうです。
ネット銀行の「楽天銀行」は、主に「toto」の購入の為に開設しているんだとか。

貯金だけでは お金は増えない

預金

貯金は文字通り、お金を貯めておく事。

昔は、貯金をすると預金金利で資産がどんどん増えましたが、現在は金利も低くほとんど預金金利はつきません

私もたまにやっている「toto」も当たれば大きいですが、ほとんど当たりません。
(私は過去4回当たりましたが、2,000円やら500円やらで損失の方が大きい)

参考までに、おじいちゃん世代には金利が約5%ありました。
金利が5%あると10年間で増える資産は「1,886,684円」になります。

一昔前は貯金が資産形成に有効でしたが、現在は貯金ではほとんど資産は増えません!

IPOの参加を勧める

先ほどの貯金は、集めれば総額で90万。
充分な投資資金になります。

ただし、

「余裕資金ではない」ので、絶対に減らせない資金です。

そこで、「人気のあるIPO銘柄の抽選にだけ参加する」という方法を伝授しました(  ̄∇ ̄)

直近で言えば、7/15(火)に上場を果たしたIPO銘柄「イグニス」は、投資資金 19万円でIPOのブックビルディング(抽選)に参加できました。

仮に、当選して初値売りをした場合、65万円の利益になります。

IPOの抽選は、抽選時に資金を必要としますが(資金が一時的に拘束される)、抽選に外れた場合、資金がそのまま戻ってきます

また、手数料なども一切かかりませんので、貯金して資金を銀行等に寝かせているだけより、積極的に人気のあるIPO銘柄の抽選に利用した方が、利益を得られる可能性が高くなります。

NISA口座との併用が特におすすめ

初心者には、NISA口座は勧めませんが、「IPOの応募だけ」に限って言えばNISA口座の利用は大きな節税になりそうです。

NISA口座での利益は非課税(税金がかからない)となります。
仮にIPOで利益50万円 出た場合、NISA口座では、

50万円 × 20.315%(税率) = 101,575円も非課税になります。

と、いった説明をこのホームページを見ながら お盆に説明しました。
どうやらT君は 私のサイトを偶然 見たことがあったそうで、少し気恥ずかしかったです (  ̄∇ ̄)

後日談はこちらです。見事、人気IPOの当選を果たし利益を得られたようです。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。