初心者の株式投資道場株の始め方ミニ株の利点・注意点

ミニ株、プチ株、S株、ワン株の利点・注意点

ミニ株、プチ株、S株、ワン株(単元未満株)のメリットとなる利点を4つ、注意するべき点を4つ紹介させて頂きます。

利点1:購入単価が安い

単元未満株の利点は何と言っても、購入単価が安くなるのが最大の利点です。

  • 「ミニ株」は「通常の単元株の1/10」から購入できる
  • 「ワン株」「S株」「プチ株」は「1株」から購入できる

ミニ株、プチ株、S株、ワン株はいずれも「単元未満株」と言います。
「単元(1口)」に「満たない株」という意味です。

参考までに

つまり、1単元(100株)で 50万円の株があった場合、

  • ミニ株なら10株の5万円から買える
  • ワン株・S株・プチ株なら1株の5千円から買える

少額でも投資を行う事が出来るようになります。

私はどうしても欲しい銘柄なのに手元に資金がない場合は、ワン株を利用してます。

利点2:取引手数料が安い

単元未満株の1回の取引に対する手数料は、単元株(通常の株)よりも安く設定されています。

2018.2.5 調べ(手数料はオンライントレードの場合 / 税抜)
証券会社 手数料体系 1,000円の株式を
購入した場合
5,000円の株式を
購入した場合

SBI証券
【S株】

約定代金の0.5%
(最低手数料 50円)
50円 50円

マネックス証券
【ワン株】

約定代金の0.5%
(最低手数料 48円)
48円 48円

カブドットコム証券
【プチ株】

約定代金2万円まで100円
以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算
100円 100円

参考までに

私が株式投資を始めた2004年頃は単元未満株の取引手数料の方が安かったのですが、通常の単元株の取引手数料も各証券会社で値下げ合戦が始まり、かなり安くなりました。

2018年現在では、取引手数料は単元株も単元未満株もどちらも安くなっています。

単元未満株の取引手数料については「ミニ株が利用できる証券会社」でも紹介しております。

次からミニ株を行う際の注意点をご紹介します。

利点3:単元株と一緒で配当金を受け取れる

通常の単元株と同様に、持ち株に応じて配当金を受け取れます。

配当金は株式投資の魅力の一つです。
銀行の預金金利よりも良い利回りも期待出来ます。

参考までに

参考までに「日本郵政」の株価は1,300円。2017.1.30時点
100株保有すると購入金額は13万円になります。

仮に「ミニ株」で10株購入すると、1,300円 × 10株 = 13,000円で購入出来ます。

配当金は1株につき年間50円
10株 × 50円 = 500円の配当金 を一年間でもらえます。

利回りは 500円 ÷ 13,000円 = 3.84%になります。

ゆうちょ銀行の預金金利は0.001%。
仮にミニ株を購入した時と同じ金額13,000円を預けても一年間で1円未満の利息(0.13円)にしかなりません。

どちらがお得かは・・・一目瞭然ですね!

利点4:単元株と一緒で株式分割も行なわれる

株式分割が発表された場合、持っているミニ株も株式分割の対象となります。

参考までに

(例)単元未満株を20株 保有。1株 → 5株 へ株式分割が行われると…

株式分割後は 20株 × 5 = 100株 が持ち株になります。

注意1:ミニ株・プチ株・S株では購入できる銘柄が限定される

ミニ株・プチ株・S株は、売買可能な取扱銘柄が証券会社によって異なります。

また、単元未満株は通常の単元を1/10や1/100にして購入できるわけですが、単元株の単位が「1株」のものはそれ以上、小さく出来ないわけですから購入することが出来ません。

つまり、通常の単元株より 購入できる銘柄が限定されます。

注意2:取引時間が制限される

ミニ株、プチ株、S株、ワン株などの単元未満株は、取引時間中の好きなタイミングで取引が出来ません。売買できる時間と約定株価の決定方法が決まっています。

前場: 朝9時 ~ 11時30分、後場: 12時30分 ~ 15時の時間帯。(2016.5.7時点)

単元未満株 注文時間 約定株価とタイミング
ワン株
マネックス証券
0:00~
11:30
同日の後場の始値で約定
17:00~
23:59
翌営業日の後場の始値で約定
S株
SBI証券
0:00~
10:30
同日の後場の始値で約定
15:30~
21:30
翌営業日の前場の始値で約定
21:30~
23:59
翌営業日の後場の始値で約定
プチ株
カブドットコム証券
0:00~
10:00
同日の後場の始値で約定
10:01~
23:00
翌営業日の前場の始値で約定
ミニ株 取引会社により異なる 翌営業日の前場の始値で約定

上記の表のように、注文した瞬間に株を購入できる(約定)するわけではなく、同日の後場の始値だったり、翌営業日の前場の始値だったりします。

その場ですぐに売買が出来ないので、変動が激しい銘柄の場合、思ったよりも高く買ったり、安く売ったりする場合があります。逆に思ったより良い結果で得をする場合もあります。

リアルタイムで売買が出来ないのが、最大のデメリットかと思います。

注意3:株主優待をもらえない

単元未満株は基本的に株主優待は受けられません

ただし、単元未満株に対して株主優待を発行している企業(端株優待)が ほんのごく一部あり、そのような株式の場合は株主優待を受けられます。

参考までに

姉妹サイトで端株優待について説明と対象の銘柄を紹介しています。

注意4:株主総会に出席できない

単元未満株主には議決権はありません。
よって、株主総会への案内も届きません。

以上がミニ株の利点と注意点でした。
ミニ株の仕組みを知って取引をはじめてみて下さい。

ミニ株・プチ株は少ない投資資金で購入できるのが魅力です。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

7/31(火)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 4,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。