投資期間の考え方

投資には投資期間によって短期中期長期と区別されます。
各証券会社により投資期間の説明も異なりますのであくまでも下記の期間は参考としてください。

投資する上で期間にこだわる必要はまったくありません。

売りたい時に売ればいいんです。

投資期間のメリット・デメリット

一般的に言われている投資期間によるメリット・デメリットです。
一概には言えませんので参考程度にしてください。

-

短期投資

中期投資 長期投資
投資
期間
当日売買~数週間 1ヶ月~2年以内 5年以上~
メリット
  • 短期間で利益を得るチャンスがある
  • 短期間の株価の上下にこだわらないので、精神的にゆったりと投資ができる
  • 配当金」や「株主優待」をもらえる
  • 売買手数料が短期より かからない
  • リスクは短期に比べて少ない
  • 短期間の株価の上下にこだわらないので、精神的にゆったりと投資ができる
  • 配当金」や「株主優待」をもらえる
  • 売買手数料がほぼ かからない
  • リスクは短期に比べて少ない
デメ
リット
  • 短期間で損失を出すリスクがある
  • 株価を常にチェックする必要がある
  • 手数料を考慮する必要性
  • 中期間で損失を出すリスクがある
  • 資金の凍結
  • 投資先選びに失敗すると、株価が数年を通して下げる可能性あり
  • 資金の凍結
主な
投資法
コメント 資金の回転を早めたい人向け。
売買が多くなるので手数料を抑える必要がある。
相場の状況を見て臨機応変に利益確定や損切りを行う投資法。
日々の株価の上下にも左右されないので精神的な余裕もあります。
ただし、株価をチェックする必要はあり。
じっくり運用したい人向け。
余裕資金にて利回りの良い「配当金」目的で長期投資する方も多いです。
日々の株価に一喜一憂しなくてよいですが、株価をチェックする必要はあり。

※中期と長期の間が空いていますが、中長期投資という期間がそれらに当たると思います。

ちなみにこちらで投資法の一部をご紹介していますので参考にしてください。

linkさまざまな投資法

自分にあった投資法で投資期間の目安をつけましょう。

こちらの記事は、株式投資歴14年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

12/28(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。