株ってそもそも何ですか?株の基本的な仕組み

株券

株(株式)」とは「株式会社」が 事業の資金を調達するために発行しているものです。


昔は写真のような「株券」を実際に発行して株主が保管していましたが、現在は「電子化」によりデータで管理されています(ほふり)。


企業が発行する「株式」を購入することを 「株式投資」と呼びます。

株式を購入し「株主権利」を得ることで、配当金」や「株主優待を頂いたり、株主総会」に出席する権利などを得ることが出来ます。

また、株の売買により差額の利益を得ることが出来ます。

私たち一般の個人投資家が「株式」を売買できるのは「東証」「ジャスダック」などの「株式市場」に上場している株式になります。

上場時の審査基準は大変厳しいので、株式市場に上場している株式会社というのは、それだけで社会的地位を認められている企業といえるのかもしれません。

株式はいつでも売買できるの?

株式は、東証などの「証券市場」が開いている時間に取引を行なうことが出来ます。
また、株式はSTEP2で紹介する「証券会社」を通じて、購入する事が可能です。

代表的な東証での取引時間です。
平日の 朝9時~11時30分、12時30分~15時 の時間帯で株式の売買が出来ます。
(土日・祝日・正月は休み)

※一部の証券会社では、PTSの夜間取引により23時59分まで売買が出来ます。

市場に出回っている株式にはその総数(発行株式数)が決まっており、その総数の中で売買の取引を行ないます。

株式投資の仕組み

株式投資の仕組みは単純で「誰かが買い、誰かが売る」という仕組みにより成り立っています。

Aさん:5万円で株券を買いたい = Bさん:5万円で株券を売りたい

証券会社を通じて売買を行う

上記のように取引売買の条件が揃ったときにAさんは株券を購入することが出来ますし、Bさんは株券を売ることができるというわけです。

また、この取引の仲介役を担っているのが証券会社になるわけです。

それでは、次項にて「株式投資で利益を得る仕組み」を詳しく見て行きましょう。

誰かが売り、誰かが買う。この仕組みで株式市場は成り立っています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/29(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。