インバウンドテックのIPO情報

2020/12/18 (金)に上場する、インバウンドテックのIPO情報です。

多言語対応コンタクトセンター運営事業。

IPO「インバウンドテック」の上場日

上場日 2020/12/18 (金) 証券コード 7031
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
公式サイト

インバウンドテック

インバウンドテックのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 B(やや高い)
銘柄により参加がおすすめ
ブックビルディング期間

2020/12/3 (木) ~ 12/9 (水)

仮条件 5,200円~5,700円
(抽選資金:52万円 ~ 57万円)
当選口数 2,062口
公募株数 186,200株 売出株数 20,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

インバウンドテックの公募価格と初値

公募価格 5,700円 初値 7,300円
騰落率 28.07%  倍率  1.28倍
初値売りでの損益 160,000円(7,300円 - 5,700円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は32,504円になります。

インバウンドテックの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 5,200円 ~ 5,700円
※抽選資金:52万円 ~ 57万円
初値予想 5,980円 ~ 6,270円
予想損益 2.8万円~5.7万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 5,700円あたり
※抽選資金:57.0万円あたり
初値予想 5,980円 ~ 6,270円
予想損益 2.8万円~5.7万円
送信中...

初値予想アンケート

インバウンドテックの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(5,700円)を基準価格としています。

有効回答:153   投票期限:2020/12/17 (木) 23:59まで
3倍以上
(17,100円以上)
78票  51%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(14,250円以上~17,100円未満)
10票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(11,400円以上~14,250円未満)
19票  12%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(8,550円以上~11,400円未満)
17票  11%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(6,840円以上~8,550円未満)
11票  7%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(5,700円以上~6,840円未満)
11票  7%
投票済み

公募割れ
(5,700円未満)
7票  5%
投票済み

IPO「インバウンドテック」の主な幹事証券

インバウンドテックの主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


インバウンドテックの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年3月 2019年3月 2018年3月
売上高 2,983,411 2,953,728 2,280,722
経常利益 210,503 50,213 148,924
当期利益 140,930 19,739 104,464
純資産 454,392 313,660 293,920
配当金
EPS 212.56 29.77 157.56
BPS 442.03 442.03 442.03
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

インバウンドテックは、多言語対応コンタクトセンター運営事業と、セールスアウトソーシング事業を行っている企業です。

  • マルチリンガルCRM事業
    主にクライアントの顧客向けに展開するサポート業務を同社が受託し、同社のコンタクトセンターにて、エンドユーザーからの問い合わせをクライアントに代わって、同社が対応するサービスを提供。
    日本語を含めた12カ国語に常時対応。24時間365日体制で稼動。
    多言語通訳サービス
  • セールスアウトソーシング事業
    クライアントに代わって、同社のコンタクトセンターや業務委託先から、クライアントの見込み顧客に対して、商品等の紹介、販売勧誘、アンケート調査等の営業活動を電話および訪問により行うことに加え、クライアントの営業員や営業スタッフに対する研修の展開など、営業に関連する様々な業務を請け負っています。

2018年6月27日に上場予定でしたが、上場の5日前にIPOの中止が発表されました。
当時の評価は「S」で予想利益も50万円。当選された方のショックも大きいIPOでした。

当選しました!

12.11追記。東海東京証券で100株 当選しました!
口座開設を直前に行い、同社からの当選は2回目です。ブログ

2020年のIPO当選は、一家で12回目です。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 収益の柱が二本ある。
  • コロナ禍前まで人気のあったインバウンド関連事業。
  • 東京オリンピック・パラリンピックの開催が未定。
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。
  • 株価が高い値嵩株。損益が上下に大きく振れやすい。利ザヤ狙いの投資家に人気あり。
  • オファリングレシオが27.9%とやや高い。
  • 特定顧客への売上比率(依存度)が高い。
  • 同日に2社が上場。また前日の人気IPOが初値つかずで同日に回ってくる可能性大。

目論見書の想定仮条件は5,700円。初値予想は5,980円 ~ 6,270円としました。
予想利益は2.8万円~5.7万円です。

値がさ株は、どっちに株価がふれるかわかりません!

抽選資金に余裕があれば、主幹事の証券会社である東海東京証券でブックビルディングに参加したいところです。

カブスルは抽選資金に余裕があれば、参加しようかなぁと思います。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。