トレードワークスのIPO情報

2017/11/29 (水)に上場する、トレードワークスのIPO情報です。

証券システム開発事業とこれらに付帯するFXシステム事業及びセキュリティ診断事業。

IPO「トレードワークス」の上場日

上場日 2017/11/29 (水) 証券コード 3997
市場 JASDAQ スタンダード 業種 情報・通信業
公式サイト

トレードワークス

IPO「トレードワークス」のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 S(最も高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2017/11/9 (木) ~ 11/15 (水)

仮条件 2,000円~2,200円
(抽選資金:20万円 ~ 22万円)
当選口数 2,100口
公募株数 200,000株 売出株数 10,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

トレードワークスの公募価格と初値

公募価格 2,200円 初値 13,600円
騰落率 518.18%  倍率  6.18倍
初値売りでの損益 1,140,000円(13,600円 - 2,200円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は231,591円になります。

トレードワークスの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 2,000円 ~ 2,200円
※抽選資金:20万円 ~ 22万円
初値予想 4,400円 ~ 5,000円※11/14 修正
予想損益 22万円~28万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 2,000円 ~ 2,100円
※抽選資金:20万円 ~ 21万円
初値予想 4,200円 ~ 4,800円
予想損益 21万円~27万円

IPO「トレードワークス」の主な幹事証券

トレードワークスの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


トレードワークスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年12月 2015年12月 2014年12月
売上高 1,143,263 806,011 734,246
経常利益 153,207 110,428 69,148
当期利益 102,774 17,662 42,430
純資産 375,611 273,151 255,707
配当金
EPS 140.79 24.20 29,061.73
BPS 175,142.24 175,142.24 175,142.24
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年12月 2015年12月
売上高 1,174,581 908,253
経常利益 141,846 108,655
当期利益 116,711 67,978
純資産 259,215
EPS 159.88 93.12
BPS 355.09
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

「トレードワークス」は、売上の約9割以上である証券システム開発事業を中心に展開している企業です。
※私も株式投資を行っているので興味があります!

証券業界に精通したエンジニアの育成を行っており「証券システム事業」「FXシステム事業」「セキュリティ診断事業」を行っています。

主力製品はこちら。

  • 「Trade Agent」
    証券会社の投資家向けのインターネット取引業務に対応したシステム。
    パソコン・スマートフォン・タブレットにいたるまで対応チャネルも多岐に。
  • 「Mars Web」
    証券会社が株式・新株予約権付社債・先物・オプション・ToSTNet(取引所市場外取引)を取引所に発注する際に利用する証券取引所売買端末。
  • 「Athena」
    高機能ディーリングシステム。証券会社の自己売買取引業務をサポートするシステム。
    不公正取引に抵触する恐れがある行為を未然に防ぐ「リアルタイム不公正取引監視機能」も兼ね備えたソリューション。
  • 「MTS」
    相場操縦・作為的相場形成・インサイダー取引など不公正な取引を監視。
    不公正取引に抵触する恐れのある注文をリアルタイムにて抽出するシステム。

主要取引先は「カブドットコム証券」で全体の41.1%を占める高い受注実績があります。

2017.11.14 追記。
想定の初値予想は「4,400円 ~ 5,000円」に上方修正されました。
予想上限にて売却できた場合、28万円の利益となっています。

2017.10.29 追記。
評価は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的にブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「2,000円 ~ 2,100円」。想定の初値予想は「4,200円 ~ 4,800円」となっています。予想上限にて売却できた場合、27万円の利益となっています。

公募割れリスクも低いと想定されますので、管理人も積極的にIPOに参加する予定です。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえる「SBI証券」がおすすめです。

▼ 参考

IPOに当選しやすい証券会社

また、追加で「岡三オンライン証券」でもIPOの申込みが可能になりました!

IPOのブックビルディング時に抽選資金がいらず、当選してから入金すれば良いという庶民にとっては、とっても有り難いシステムを採用しておりますので、必ず抽選に参加するようにしましょう!

また、当サイト限定のタイアップキャンペーンを行っており、口座開設で現金5,000円をもらえます。口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

▼ 参考

当サイト限定!お得な口座開設タイアップキャンペーン

余裕があれば、「トレードワークス」の主要取引先である「カブドットコム証券」や、穴場の証券会社である「岩井コスモ証券」でもブックビルディングに参加したいところです。

上場後のコメント

上場初日も2営業日も買いが集まり初値がつかず、3営業日目にして初値がつきました。
3営業日目まで初値がつかなかったIPOは 2015年11月に上場した「ロゼッタ」以来で久しぶりです!
勢いがあると見てて楽しいですね~(  ̄∇ ̄)
ちなみに私が当選して莫大な利益を得た「比較.com」も3営業日目に初値がつきました。

大手の初値予想「4,400円 ~ 5,000円」を大きく超える「13,600円」の初値をつけ、騰落率は 518.18%(6.18倍)
初値売りをした場合 114万円の利益になりました!

2017年に現在まで上場したIPO 68社の中で、初値売りによる利益額は1番大きくなりました!

IPOに当選した方は本当におめでとうございます!

直前までのIPOも良い結果を出していたことから風向きもヨカッタと思います。IPOはやはり風向きも大事ですね(  ̄∇ ̄)

セカンダリー投資(初値後の売買)は値動きが荒くなりますので、初心者はやめておきましょう!

それにしても・・結果論ですが「SBI証券」の「IPOチャレンジポイント」を使ってでも当選を目指したかったですね!

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。