フロンティアのIPO情報

評価C

2021/11/1 (月)に上場する、フロンティアのIPO情報です。

評価C

自動車部品等の企画・輸入販売事業。


IPO「フロンティア」の上場日

上場日 2021/11/1 (月) 証券コード 4250
市場 福証Qボード 業種 化学
公式サイト

フロンティア

フロンティアのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 C(やや低い)
不参加 or IPOチャレンジポイント狙い
ブックビルディング期間

2021/10/13 (水) ~ 10/19 (火)

仮条件 830円~930円
(抽選資金:8.3万円 ~ 9.3万円)
当選口数 1,000口
公募株数 50,000株 売出株数 50,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

フロンティアの公開価格と初値

公開価格 930円 初値 (想定の初値)
930円 ~ 960円
※10/11 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)
0円~3,000円
※10/11 修正

フロンティアの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 830円 ~ 930円
※抽選資金:8.3万円 ~ 9.3万円
初値予想 930円 ~ 960円※10/11 修正
予想損益 0円~3,000円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 910円あたり
※抽選資金:9.1万円あたり
初値予想 910円 ~ 940円
送信中...

初値予想アンケート

フロンティアの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(910円)を基準価格としています。

有効回答:152   投票期限:2021/10/31 (日) 23:59まで
3倍以上
(2,730円以上)
63票  41%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(2,275円以上~2,730円未満)
6票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(1,820円以上~2,275円未満)
8票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(1,365円以上~1,820円未満)
12票  8%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(1,092円以上~1,365円未満)
15票  10%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(910円以上~1,092円未満)
26票  17%
投票済み

公募割れ
(910円未満)
22票  14%
投票済み

IPO「フロンティア」の主な幹事証券

フロンティアの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


IPO参加のポイント

フロンティアは、自動車部品等の企画・輸入販売事業を行っている企業です。

自社工場を持たずに技術力の高い中国国内工場に生産委託をしているファブレスメーカー。
連結子会社である新域國際香港有限公司と同社の2社で構成。

  • PB販売事業
    主にカーナビや、カーエアコンなど自動車アフターパーツの製造・販売。
  • OEM/ODM事業
    連結子会社であるフロンティア香港の主たる事業で、顧客の要望する商品の製造を受託しフロンティアが選定した工場にて製品化し、顧客に納品。
    現在は、主に国内玩具メーカー向けの電子玩具(児童向けパソコン型玩具、タブレット型玩具など)を中国提携工場で完成品まで製造し日本国内へ出荷。

う~ん・・。IPOとしては地味すぎる印象。

自動車のパーツを今流行のファブレス方式で販売されているようですが、現在 半導体不足により自動車の生産が遅れています。

福証Qボードへの単独上場。注目度は低いかなぁと思われます。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • 業績は安定的。
  • 2021年11月期の業績予想(前期比)は、売上高1,688百万円(+114%)、営業利益104百万円(+136.9%)
  • オファリングレシオが16.9%と低い。
  • 成長をイメージしにくい事業内容。
  • IPOで人気の低い地方上場。
  • 自動車産業の半導体不足。
  • チャイナリスク。
  • 有利子負債の割合は総資産の64.3%。(2020年11月期末)

目論見書の想定仮条件は910円。初値予想は910円 ~ 940円としました。
予想利益は0円~3,000円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルは相場の動向をみて、ブックビルディングに参加するか決めようと思います。

平等抽選で資金力関係なく当選チャンスがある、マネックス証券や、落選してもポイントがもらえるSBI証券もおすすめです。

カブスルは上記の2社だけでIPOに43回当選しています。(全当選数の44.3%)

追加で岡三オンライン証券でもIPOの申込みが可能になりました!

IPOのブックビルディング時に、抽選資金がいらず当選してから入金すれば良い有り難いしくみです。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。