日本ホスピスホールディングスのIPO情報

評価C

2019/3/28 (木)に上場する、日本ホスピスホールディングスのIPO情報です。

評価C

看取りサービス事業。社会的意義はあるがIPO的には弱い。


IPO「日本ホスピスホールディングス」の上場日

上場日 2019/3/28 (木) 証券コード 7061
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
公式サイト

日本ホスピスホールディングス

日本ホスピスホールディングスのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 C(やや低い)
不参加 or IPOチャレンジポイント狙い
ブックビルディング期間

2019/3/11 (月) ~ 3/15 (金)

仮条件 840円~1,000円
(抽選資金:8.4万円 ~ 10万円)
当選口数 19,000口
公募株数 350,000株 売出株数 1,550,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

日本ホスピスホールディングスの公開価格と初値

公開価格 1,000円 初値 1,466円
騰落率 46.60%  倍率  1.47倍
初値売りでの損益 46,600円(1,466円 - 1,000円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は9,466円になります。

日本ホスピスホールディングスの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 840円 ~ 1,000円
※抽選資金:8.4万円 ~ 10万円
初値予想 950円 ~ 1,100円※3/18 修正
予想損益 -5,000円~1万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 780円あたり
※抽選資金:7.8万円あたり
初値予想 700円 ~ 800円

IPO「日本ホスピスホールディングス」の主な幹事証券

日本ホスピスホールディングスの主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


日本ホスピスホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年12月
売上高 93,000
経常利益 2,401
当期利益 1,611
純資産 384,713
配当金
EPS 0.25
BPS 53.41
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年12月
売上高 1,895,428
経常利益 -40,821
当期利益 -60,490
純資産 214,244
EPS -9.70
BPS 29.38
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

日本ホスピスホールディングスは、「在宅ホスピスの研究と普及」をミッションとして掲げ、「看取り」へ対応するケア(=ターミナルケア)を、末期がん患者と難病患者を対象としている企業です。

家で自由に過ごしたいという希望、痛み苦しみを和らげて欲しいという希望の両方を叶えるためのケアサービスです。

「看取り」は、超高齢社会における重要課題の一つであり、年々増え続ける日本の死亡者数は、2039年には約167万人に達すると予測され、これは2017年の死亡者数と比較して約33万人も多く、この方々の「最期を迎える場所」が不足していることが大きな課題となっています。

事業内容は応援したくなる内容ですが、IPOとしての内容は非常に悪く人気化する要素がないです。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクが最も高い「D」に設定しました。

  • 高齢化社会に向けて社会的意義が高いこと。
  • 市場からの調達金額が17億円と大きい。
  • 同日に3社が上場。
  • 売出しが多いこと。

3.18 追記。
先日、仮条件が上振れて決定しましたが公開価格がその上限の1,000円で決定し強さが見受けられます。

また、IPO市況も良いことから評価を「D」から「C」に変更しました。
予想利益は少し公募割れも意識した-5,000円~10,000円へ変更しました。

3.8 追記。
仮条件が想定の780円より上振れて決定(840円 ~ 1,000円)しました。

管理人がみたIPOとしての評価は低いですが、機関投資家などの評価が高いのかもしれません。

管理人はIPOチャレンジポイント狙いで100株だけ応募しますが、仮条件の上限で公開価格が決定するようだと、公募割れのリスクが後退しそうです。

目論見書の想定仮条件は780円。初値予想は公募割れも考慮し700円 ~ 800円としました。
予想利益は-8,000円~2,000円で、公募割れのリスクが非常に高いIPOになります。

引受幹事証券であるSBI証券は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

公募割れのリスクもありますので、IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

また、当サイト限定のタイアップ企画を行っており、口座開設で現金 2,000円をもらえます。口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

管理人もIPOチャレンジポイント狙いで100株だけ応募します。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。