三角保ち合いとは?

三角保ち合いとは、移動平均線が交差する状態のことを言います。

  • 株価が下値を切り上げる(下値支持線)
  • 株価が上値を切り下げる(上値抵抗線)
三角保ち合い

図を見て頂ければお分かりのとおり両者の交差する移動平均線が「三角」の形をしています。

この三角の角より株価が上昇する状態を「三角保ち合い上放れ」といい、上昇トレンドへと転換しやすくなります。

ただし、ほかのチャートで判断するものと同様に一般的な見解の一つであり、相場の状況や投資家心理にもより株価は動きますので投資をする際はくれぐれも自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。