押し目買いとは?

チャートで判断して購入する方法に押し目買いがあります。

ワンポイント

押し目買いとは、移動平均線と接する部分を「底値」と考えその底値と近づいた状態、もしくはその底値を少し下回った状態で購入する方法です。

上昇トレンドを描いている優良銘柄でも常に株価が上がり続けているわけではありません。
買いが強い状態であっても、時には売りの方が強く株価が下落することがあります。

下記のチャートを見て頂ければ分ると思いますが、上昇トレンドを描いている銘柄でも株価は上下し、まるで波をうっているような形となります。

上昇トレンドを描いているいくつかの銘柄を見ると、たとえ下落してもこの移動平均線に近づいたあたりでまた株価が上がっていっているパターンが多いのに気づくと思います。

参考までに

マネックス証券」ではチャートをパターンごとに見られます。

口座開設をすることにより無料で利用できるチャートフォリオを利用すると、「上昇中」「これから上昇?」「これから反転?」などのパターン別のチャートを見ることができます。

押し目買い(移動平均線から底値を探り購入する方法)

押し目買い

上の表を見ると、株価が一時的に下がっても移動平均線に近づいた時点で反発し、また株価が上昇してまた下がる・・という繰り返しが見て分ると思います。

株価は大きく上がったとしても移動平均線との剥離(株価の開き)が出てくると移動平均線に向かって下がってくる傾向があります。

押し目買いとはこの特性を利用して、移動平均線に近づくまで下がったところを購入して値上がりを待つ方法となります。

ただし、ほかのチャートで判断するものと同様に一般的な見解の一つであり、相場の状況や投資家心理にもより株価は動きますので投資をする際はくれぐれも自己責任でお願い致します。

「押し目買い」はよく出てくる株式用語ですので知っておきましょう!

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴14年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

12/28(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。