移動平均線の仕組みと特徴

株価のトレンド(流れ)を掴み、今後の予測を立てるのに便利な「移動平均線」。

チャートを見ると、ロウソク足の他に赤や緑の線が出ているのを見たことがあると思います。

この折れ線グラフのことを移動平均線といいます。

移動平均線

移動平均線とは、その名のとおりある一定の期間の株価の平均値を折れ線グラフで表したものです。期間は、5日、25日、75日、13週・・・とさまざまあります。

上記のヤフーファイナンスの例で挙げると、

  • 13週移動平均線とは、13週の期間における株価の平均を折れ線グラフで表したもの。
  • 26週移動平均線とは、26週の期間における株価の平均を折れ線グラフで表したもの。

となります。

ちなみに、移動平均線は営業日数で数えています。

  • 5日移動平均線は1週間
  • 25日移動平均線は1ヶ月間
  • 75日移動平均線は3ヶ月間
  • 200日移動平均線は1年間
  • 13週移動平均線は4ヶ月間
  • 26週移動平均線は半年間
  • 52週移動平均線は1年間

5日の移動平均線は1週間を表わしています。
1週7日間の内の土日を抜かした5日間ですね。

移動平均線の見方

一番上の表を見ると、

  • 短い期間の平均線(赤の13週移動平均線)はロウソク足に沿った形の折れ線グラフ

になっているのに対し、

  • 長い期間の平均線(緑の26週移動平均線)はロウソク足よりちょっと遅れた折れ線グラフ

になっているのが分ると思います。

この異なった短期間と長期間の移動平均線を利用することにより、「買いどき・売りどき」のタイミングを知ることもできるんです。このことについては、次項でご説明します。

移動平均線はチャートなどを見る際にとても参考になる指標です。
仕組みは抑えておきましょう。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップ企画

岡三オンラインとのお得なタイアップ企画

3/29(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画を行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画を行っています。


そのほかに、当サイト限定企画としてSBI証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画を行っています。
SBI証券タイアップ企画

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。