移動平均線の仕組みと特徴

株価のトレンド(流れ)を掴み、今後の予測を立てるのに便利な「移動平均線」。

チャートを見ると、ロウソク足の他に赤や緑の線が出ているのを見たことがあると思います。

この折れ線グラフのことを移動平均線といいます。

移動平均線

移動平均線とは、その名のとおりある一定の期間の株価の平均値を折れ線グラフで表したものです。期間は、5日、25日、75日、13週・・・とさまざまあります。

上記のヤフーファイナンスの例で挙げると、

  • 13週移動平均線とは、13週の期間における株価の平均を折れ線グラフで表したもの。
  • 26週移動平均線とは、26週の期間における株価の平均を折れ線グラフで表したもの。

となります。

ちなみに、移動平均線は営業日数で数えています。

  • 5日移動平均線は1週間
  • 25日移動平均線は1ヶ月間
  • 75日移動平均線は3ヶ月間
  • 200日移動平均線は1年間
  • 13週移動平均線は4ヶ月間
  • 26週移動平均線は半年間
  • 52週移動平均線は1年間

5日の移動平均線は1週間を表わしています。
1週7日間の内の土日を抜かした5日間ですね。

移動平均線の見方

一番上の表を見ると、

  • 短い期間の平均線(赤の13週移動平均線)はロウソク足に沿った形の折れ線グラフ

になっているのに対し、

  • 長い期間の平均線(緑の26週移動平均線)はロウソク足よりちょっと遅れた折れ線グラフ

になっているのが分ると思います。

この異なった短期間と長期間の移動平均線を利用することにより、「買いどき・売りどき」のタイミングを知ることもできるんです。このことについては、次項でご説明します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。