「ビーブレイクシステムズ」のIPO情報

「ビーブレイクシステムズ」のIPO情報を紹介しています。
初値売りによる利益予想 や 管理人のコメントなど参考にどうぞ。

IPO「ビーブレイクシステムズ」の上場日

上場日 2017/6/15 (木) 証券コード 3986
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業

業務内容等は 「ビーブレイクシステムズ」のWebサイト にてご確認下さい。

IPO「ビーブレイクシステムズ」のブックビルディング期間

市場注目度 S(最も高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2017/5/29 (月) ~ 6/2 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,550円~1,670円
(抽選資金:15.5万円 ~ 16.7万円)
当選口数 3,120口
公募株数 250,000株 売出株数 62,000株

IPOの抽選に必要な抽選資金は「仮条件」×「100株(単元株)」×「申込口数」になります。
2011年以降に単元株は100株に統一されています。

IPO「ビーブレイクシステムズ」の公募価格と初値

公募価格 1,670円 初値 7,700円
騰落率 361.08%  倍率  4.61倍
初値売りでの損益 603,000円(7,700円 - 1,670円)× 100株

IPO「ビーブレイクシステムズ」の想定利益

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 1,550円 ~ 1,670円
※抽選資金:15.5万円 ~ 16.7万円
初値の想定価格 3,300円 ~ 3,800円
想定条件での初値売り損益 213,000円
(3,800円 - 1,670円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 1,280円 ~ 1,480円
※抽選資金:12.8万円 ~ 14.8万円
初値の想定価格 3,300円 ~ 3,800円
想定条件での初値売り損益 232,000円
(3,800円 - 1,480円)× 100株

IPO「ビーブレイクシステムズ」の主な引受幹事証券

「ビーブレイクシステムズ」の主な引受幹事証券(委託を含む)です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選口数)が多いので参加必須!

◆ 引受幹事証券(委託を含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


IPO参加のポイント

約1ヶ月半ぶりにIPOが承認されました!(前回は4/25に上場した「アセンテック」)

しかも 市場注目度「S」で 初値に期待が出来る超有望IPOです!

ビーブレイクシステムズ」は、統合型基幹業務パッケージ(ERP) MA-EYESを中心に企業の業務システムを構築している企業です。

カンタンに説明すると、システムにより 「プロジェクト管理」や「作業実績・勤怠」などの業務全般を統合的に管理出来るので、業務効率が飛躍的にアップします。楽天やドワンゴなどの有名企業も導入しています。

ビーブレイクシステムズ」はIPOとして人気化する要素も豊富です。

  • 約1ヶ月半ぶりのIPO。(前回は4/25に上場した「アセンテック」)
  • IPOで人気のあるクラウド関連のIT企業
  • 市場からの調達金額が約5億円あたりとかなり小さい
  • 当選口数が3,120口と非常に少ない
  • IPOで人気のある東証マザーズ市場

余談ですが、同社社長がプログラミングに熱中したのは小学4年生の時。
そして、起業を志したのは高校生の時だそうです。志が・・・違いますね!

公募割れリスクも低いと想定されますので、管理人も積極的にIPOに参加する予定です。

市場注目度は 最も高い「S」となりました。

2017.5.29 追記。想定の初値予想は「3,300円 ~ 3,800円」となっています。予想上限にて売却できた場合、21.3万円の利益となっています。

2017.5.14 追記。想定の仮条件は「1,280円 ~ 1,480円」。想定の初値予想は「3,000円 ~ 3,500円」となっています。予想上限にて売却できた場合、20.2万円の利益となっています。

主幹事はSBI証券となっています。

主幹事は当選口数も多く用意されていますので、必ず参加するようにしましょう!
仮に抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

また、投資資金に関わらず当選倍率が一緒(公平抽選)の「SMBC日興証券」がおすすめです。

余裕があれば、穴場の証券会社である「岩井コスモ証券」でもブックビルディングに参加したいところです。

- 上場後のコメント -

大手の初値予想「3,300円 ~ 3,800円」を大きく超える「7,700円」の初値をつけました。
騰落率は 361.08%(4.61倍)になり、初値売りをした場合 60.3万円の利益になりました!

3月に上場を果たした「ユーザーローカル」に次いで 初値売りによる利益額は2番目に大きくなりました!(騰落率の高さはNo1です)

当選された方はおめでとうございます!

管理人も・・・「SBI証券」の「IPOチャレンジポイント」を使えば良かったかな?と少し後悔しております。

参考までに、「SBI証券」のIPOチャレンジポイントを「309ポイント」利用して200株 割当(当選)を頂いた方がいらっしゃるようです。

初値売りによる利益は60.3万円×200株=120.6万円

コツコツ貯めれば、高額当選も夢ではありません!!

証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

各証券会社の口座開設で現金がもらえるお得な口座開設キャンペーンを行っています。

現金2,000円 ~ 現金4,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを期間限定で行っています♪(タイアップ詳細

特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」はIPO当選狙いには必須の証券会社です。お得なこの機会に是非どうぞ。管理人も各証券会社にてIPOの当選実績があります。)

IPO「ビーブレイクシステムズ」の さらに詳しい内容につきましては、IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」にてご確認下さい。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツを次のページにて紹介しています。
また、当選しやすい証券会社なども紹介していますので、参考にしてみて下さい。


姉妹サイト

庶民のIPO

IPOをさらに詳しく紹介している姉妹サイト「庶民のIPO」もご利用下さい。

初心者でも分かりやすい「IPOのメリットなど基本的な内容」から「IPOの当選攻略法」を紹介しています。

IPOの初値予想や市場注目度も紹介。IPOのスケジュール管理に便利な「メール通知システム」も利用者が日々増えています。

2018年のIPOも活況が期待されています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/28(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(日)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/28(金)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。