コマースOneホールディングスのIPO情報

2020/6/26 (金)に上場する、コマースOneホールディングスのIPO情報です。

ECプラットフォーム関連事業。

IPO「コマースOneホールディングス」の上場日

上場日 2020/6/26 (金) 証券コード 4496
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
公式サイト

コマースOneホールディングス

IPO「コマースOneホールディングス」のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 B(やや高い)
銘柄により参加がおすすめ
ブックビルディング期間

2020/6/11 (木) ~ 6/17 (水)

仮条件 1,400円~1,600円
(抽選資金:14万円 ~ 16万円)
当選口数 5,340口
公募株数 150,000株 売出株数 384,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

コマースOneホールディングスの公募価格と初値

公募価格 1,600円 初値 6,970円
騰落率 335.63%  倍率  4.36倍
初値売りでの損益 537,000円(6,970円 - 1,600円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は109,091円になります。

コマースOneホールディングスの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,400円 ~ 1,600円
※抽選資金:14万円 ~ 16万円
初値予想 1,920円 ~ 2,240円※6/10 修正
予想損益 3.2万円~6.4万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,270円あたり
※抽選資金:12.7万円あたり
初値予想 1,390円 ~ 1,530円
予想損益 1.2万円~2.6万円
送信中...

初値予想アンケート

コマースOneホールディングスの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(1,270円)を基準価格としています。

有効回答:181   投票期限:2020/6/25 (木) 23:59まで
3倍以上
(3,810円以上)
59票  33%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(3,175円以上~3,810円未満)
47票  26%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(2,540円以上~3,175円未満)
34票  19%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(1,905円以上~2,540円未満)
18票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(1,524円以上~1,905円未満)
8票  4%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(1,270円以上~1,524円未満)
6票  3%
投票済み

公募割れ
(1,270円未満)
9票  5%
投票済み

IPO「コマースOneホールディングス」の主な幹事証券

コマースOneホールディングスの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


コマースOneホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月 2017年3月
売上高 242,400 123,443 213,689
経常利益 161,642 28,304 123,387
当期利益 225,682 68,955 129,982
純資産 776,951 472,132 365,656
配当金
EPS 62.49 19.09 10,796.76
BPS 24,558.20 24,558.20 24,558.20
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月
売上高 1,952,433 1,665,642
経常利益 357,468 280,044
当期利益 294,333 232,687
純資産 1,273,479 900,009
EPS 81.49 64.43
BPS 347.06 229.81
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

コマースOneホールディングスは、ECプラットフォーム関連事業を行っている企業です。

機能

SaaS型Eコマースプラットフォーム「futureshop」の実績。

futureshopの実績

現在、新型コロナウィルスの影響により巣ごもり消費が増え、EC事業(ネットショッピング)を展開している企業の株が好調です。(日本株も米国株も)

2019年2月に上場した同業者のBASEは、初値は公募価格を下回る1,210円をつけましたが、5月22日の終値は3,445円と2.8倍になっています。
コロナ禍がEC事業においては追い風となっています。

4月9日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。

コロナ禍が及ぼす影響について、同社の認識は次の通りです。(太字はカブスルにて強調)

新型コロナウイルスに代表される感染症・伝染病の流行等によって、拡散脅威や外出禁止令による経済活動の停滞や、国内消費量が減退する可能性があります。そのような環境の中でも、当社グループが属するEC業界では、在宅での消費活動や在宅勤務といった宅経済が活況となることで継続的な需要が期待できるものと考えております。当社グループといたしましては、特に営業活動についてはオンラインでの顧客面談やセミナー開催等により、新規顧客獲得に向けた取り組みを進めてまいる所存です。しかしながら、感染症の流行が長期化することで、当社グループの顧客であるEC事業者が保有する実店舗での業績悪化が拡大することで解約やEC事業者の流通額の減少が進んだり、直接顧客訪問ができないことで新規営業活動が想定通りに進まなくなったりするリスクがあると考えております。これらのリスクが顕在化することで既存取引先の減少や新規取引先の獲得ができない場合は、当社グループの業績及び今後の事業展開に影響を与える可能性があります。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。
(例年ならA評価。仮条件や市況を見て変更するかもしれません)

コロナ禍の影響がどこまで続くのか見えず、やや弱気の評価と予想です。

  • コロナ禍による巣ごもり消費で好調なEC事業。
  • 市場からの吸収金額が7.8億円と小さい。
  • ベンチャーキャピタルも投資しているが、上場時の売出しゼロ。(上昇を見込んでいる?)
  • 企業の目標値であるKPIの設定が見当たらない。
  • 売出しが多い。(71.9%)
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。

6.10 追記。仮条件が1,400円 ~ 1,600円に決定。(想定価格1,270円より26%上ブレ↑)
初値予想を1,920円 ~ 2,240円に修正。予想利益は3.2万円~6.4万円です。

やや懸念事項としては、現在、株価の上昇の勢いが強いこと。
上場日に相場が反転するとIPOにとっては悪影響がでます。

目論見書の想定仮条件は1,270円。初値予想は1,390円~1,530円としました。
予想利益は1.2万円~2.6万円です。

松井証券でもIPOの申込みが可能です。

ブックビルディング時に抽選資金がいらず、当選してから入金すれば良いシステムです。抽選資金が限られているときに有り難いしくみですので、必ず抽選に参加しましょう!

カブスル限定のタイアップ企画を行っています。

  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。

口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。