エクサウィザーズのIPO情報

評価A

2021/12/23 (木)に上場する、エクサウィザーズのIPO情報です。

評価A

AI を利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決。


IPO「エクサウィザーズ」の上場日

上場日 2021/12/23 (木) 証券コード 4259
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
公式サイト

エクサウィザーズ

エクサウィザーズのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 A(高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2021/12/8 (水) ~ 12/14 (火)

仮条件 1,050円~1,150円
(抽選資金:10.5万円 ~ 11.5万円)
当選口数 296,072口
公募株数 4,000,000株 売出株数 25,607,200株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

エクサウィザーズの公開価格と初値

公開価格 1,150円 初値 1,030円
騰落率 -10.43%  倍率  0.90倍
初値売りでの損益 -12,000円(1,030円 - 1,150円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は-2,437円になります。

エクサウィザーズの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,050円 ~ 1,150円
※抽選資金:10.5万円 ~ 11.5万円
初値予想 1,470円 ~ 1,730円※12/7 修正
予想損益 3.2万円~5.8万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,050円あたり
※抽選資金:10.5万円あたり
初値予想 1,340円 ~ 1,580円
送信中...

初値予想アンケート

エクサウィザーズの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(1,050円)を基準価格としています。

有効回答:645   投票期限:2021/12/22 (水) 23:59まで
3倍以上
(3,150円以上)
353票  55%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(2,625円以上~3,150円未満)
36票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(2,100円以上~2,625円未満)
33票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(1,575円以上~2,100円未満)
95票  15%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(1,260円以上~1,575円未満)
33票  5%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(1,050円以上~1,260円未満)
36票  6%
投票済み

公募割れ
(1,050円未満)
59票  9%
投票済み

IPO「エクサウィザーズ」の主な幹事証券

エクサウィザーズの主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


エクサウィザーズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年3月 2020年3月 2019年3月
売上高 2,612,723 2,063,876 985,315
経常利益 -348,897 -422,900 -386,633
当期利益 -585,677 -469,644 -353,146
純資産 2,400,271 1,985,688 875,849
配当金
EPS -7.94 -6.49 -514.79
BPS 1,276.75 1,276.75 1,276.75
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年3月
売上高 2,612,944
経常利益 -451,345
当期利益 -592,688
純資産 2,383,294
EPS -8.04
BPS 31.65
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

エクサウィザーズは、独自開発のAIアルゴリズムと、様々な業界や業務に関する知見を組み合わせたAIサービスを顧客及び事業提携先に開発・提供することで、多様な領域における社会課題の解決を図っている企業です。

グループは、同社および事業開発や研究拠点機能を担う子会社5社により構成。

AIプラットフォーム事業及びAIプロダクト事業

目論見書をみると、主力のAIプラットフォーム事業は黒字化しており、セグメント利益は566,773千円。
AIプロダクト事業のセグメント損失は1,075,113千円。(第6期連結会計)

AIプラットフォーム事業は、主に大企業に対してサービスを提供しており、銀行、証券、保険、製薬、製造、電力、通信・インフラ、小売消費財、人材、物流、不動産など多様な業界において、190社を超える企業に対しサービスを提供。(2021年9月末時点)

AIプラットフォーム事業のソリューション

AIの開発とコンサルということで、20日に上場するJDSCの初値が参考になるかもしれません。
また、吸収金額の規模でいえば、3月に上場したAppier Groupあたりの初値(騰落率+26.8%)も参考になるやも。

【12.15追記】海外販売比率は75%に決まりました。海外に大幅に回り、最初の印象より国内の受給は重くならなそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

人気が高い
  • 売上高は右肩上がり。業績は先行投資で赤字だけど今後の成長に期待。
  • 主力のAIプラットフォーム事業は黒字。先行投資中のAIプロダクト事業は経常損失。
  • IPOで非常に人気のある「AI活用」事業。
  • 購入単価が低いIPOが好調。
  • 大手企業への導入実績あり。
  • グローバルオファリング(海外販売)あり。海外販売比率は75%。
  • 代表の石山氏はForbes JAPANの日本の企業家 TOP20に選ばれる。
  • 市場からの吸収金額が372.6億円と非常に大きい。
  • オファリングレシオが40.8%と高い。
  • 売出比率が86.5%と高い。
  • 同業他社が多い。
  • 同日に5社が上場。上場ラッシュによる資金枯れも。
  • 新株予約権に係る潜在株式数は発行済株式総数の15%に相当。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 海外事業者への親引けあり。親引けとはIPO株の販売先を指定すること。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多い。
  • 20日に上場する同業種のJDSCの結果も影響されそう。

12.7追記。仮条件が想定発行価格(1,050円)より9.5%の上振れ決定(1,050円 ~ 1,150円)したので、初値予想を1,470円 ~ 1,730円に修正しました。予想利益は3.2万円~5.8万円です。

目論見書の想定仮条件は1,050円。初値予想は1,340円 ~ 1,580円としました。
予想利益は2.9万円~5.3万円です。

将来性をとるのか、業績をみるのかで評価がわれそうなIPOです。

カブスルは将来性をとり、積極的に幹事証券から参加します!

ワンポイント

主幹事は平等抽選のSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

当選数が多いので、必ず参加するようにしましょう!

IPO当選に必須の証券会社カブスルも一家で18回 当選しています。

また、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券でも参加しておきたいです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに45回当選しています。(全当選数の46.9%)

追加の委託幹事として、CONNECTが決まりました。委託幹事は気づかれないことが多いです。
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは1回当選)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券auカブコム証券でもブックビルディングに参加したいところです。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。