パワーソリューションズのIPO情報

2019/10/1 (火)に上場する、パワーソリューションズのIPO情報です。

金融機関を対象に業務コンサルティング及びシステムの受託開発など。

IPO「パワーソリューションズ」の上場日

上場日 2019/10/1 (火) 証券コード 4450
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
公式サイト

パワーソリューションズ

IPO「パワーソリューションズ」のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 A(高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2019/9/12 (木) ~ 9/19 (木)

仮条件 1,870円~2,000円
(抽選資金:18.7万円 ~ 20万円)
当選口数 2,857口
公募株数 285,700株 売出株数 0株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

パワーソリューションズの公募価格と初値

公募価格 2,000円 初値 5,110円
騰落率 155.50%  倍率  2.56倍
初値売りでの損益 311,000円(5,110円 - 2,000円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は63,179円になります。

パワーソリューションズの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,870円 ~ 2,000円
※抽選資金:18.7万円 ~ 20万円
初値予想 2,850円 ~ 3,740円※9/12 修正
予想損益 8.5万円~17.4万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,870円あたり
※抽選資金:18.7万円あたり
初値予想 2,250円 ~ 2,620円
予想損益 3.8万円~7.5万円
送信中...

初値予想アンケート

パワーソリューションズの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(1,870円)を基準価格としています。

有効回答:129   投票期限:2019/9/30 (月) 23:59まで
3倍以上
(5,610円以上)
34票  26%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(4,675円以上~5,610円未満)
30票  23%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(3,740円以上~4,675円未満)
27票  21%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(2,805円以上~3,740円未満)
25票  19%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(2,244円以上~2,805円未満)
7票  5%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(1,870円以上~2,244円未満)
4票  3%
投票済み

公募割れ
(1,870円未満)
2票  2%
投票済み

IPO「パワーソリューションズ」の主な幹事証券

パワーソリューションズの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


パワーソリューションズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年12月 2017年12月 2016年12月
売上高 2,364,018 2,131,833 1,899,263
経常利益 291,086 291,543 146,247
当期利益 202,525 206,938 84,726
純資産 787,984 585,458 378,519
配当金
EPS 195.11 199.36 163,249.09
BPS 729,325.26 729,325.26 729,325.26
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

パワーソリューションズは、「企業向けITにおけるラストワンマイルを最適化する」というミッションを実現すべく、ユーザーに密着した業務コンサルティング及びシステムの受託開発並びに運用保守を主力事業としている企業です。

金融機関は新商品対応や金融規制への対応、グループの統廃合によるシステムの統廃合、AI・IoT・ビッグデータ・RPAといった新たなテクノロジーの組み込み等、業務プロセスの変更や新技術の導入機会が多く存在しています。

汎用サービスでよくおこる「顧客ニーズにあと一歩足りない」を解決するのがミッションです。

ラストワンマイル
  • システムインテグレーション
    資産運用会社をはじめとする金融機関を対象に業務コンサルティング及びシステムの受託開発(システム設計・開発)並びに運用保守を行っており、同社の主要サービス。
    具体的には、レポーティング関連システムの開発、コンプライアンス関連システムの開発、発注関連システムの開発等を行っています。
  • アウトソーシング
    システムインテグレーションの補完的な位置付けとして、金融機関の付随業務の受託やチーム単位での人材派遣を行うことにより、顧客企業の業務プロセスの一部を代行するサービスを提供。
    具体的には、投資信託適時開示・法定開示レポーティング、投信レポートデリバリー等を行っています。
  • RPA関連サービス
    業務プロセスの自動化を一層推進するため、2018年2月にUiPath株式会社のゴールドパートナーとしてリセラー契約を締結し、一般事業会社向けにRPAソフトウェアであるUiPath RPA Platformのライセンス販売及び導入サポートを行っています。
    同社のシステムインテグレーションサービスとの親和性が非常に高いサービス。
  • システムインテグレーターとは、情報システムの構築や統合を請け負い、企画、設計、開発、構築、導入、保守、運用などを行う業者。
  • アウトソーシングとは、主に経理・総務等の事務処理部門の業務を外部の企業等に委託すること。
  • RPAとは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた操作等をソフトウェアロボットによって自動化する取り組み。IPOで人気のあるホットワード。

各部門ごとの売上高は目論見書に掲載されていないので、どの部門がどれほどの売上高があるのかは不明です。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。
相場環境により「A」に変更するかもしれません。

  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 公開株がすべて公募株。
  • 市場からの吸収金額が6.1億円と小さい。
  • 業績は安定的。

9.12 追記。
業務内容の期待が高まっていることから、評価を「A」に変更しました。
それに伴い、初値予想を2,850円 ~ 3,740円に上方修正。
予想利益は85,000円~174,000円としました。

9.10 追記。
仮条件の上振れ決定(1,870円 ~ 2,000円)に伴い、初値予想を2,400円 ~ 2,850円に修正。
予想利益は40,000円~85,000円としました。

目論見書の想定仮条件は1,870円。初値予想は2,250円 ~ 2,620円としました。
予想利益は38,000円~75,000円になります。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

平等抽選で平等に当選チャンスがあるマネックス証券や、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券もおすすめです。

松井証券でもIPOの申込みが可能です。

IPOのブックビルディング時に抽選資金がいらず、当選してから入金すれば良いシステムです。抽選資金が限られているときに有り難いしくみですので、必ず抽選に参加しましょう!

松井証券とSBI証券は、カブスル限定のタイアップ企画を行っておます。
口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。