Macbee Planet(マクビープラネット)のIPO情報

2020/3/31 (火)に上場する、Macbee Planet(マクビープラネット)のIPO情報です。

データを活用したマーケティング分析サービスの提供。

IPO「Macbee Planet(マクビープラネット)」の上場日

上場日 2020/3/31 (火) 証券コード 7095
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
公式サイト

Macbee Planet(マクビープラネット)

IPO「Macbee Planet(マクビープラネット)」のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 D(最も低い)
不参加 or IPOチャレンジポイント狙い
ブックビルディング期間

2020/3/12 (木) ~ 3/18 (水)

仮条件 1,830円~1,990円
(抽選資金:18.3万円 ~ 19.9万円)
当選口数 10,035口
公募株数 370,000株 売出株数 633,500株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

Macbee Planet(マクビープラネット)の公募価格と初値

公募価格 1,830円 初値 2,348円
騰落率 28.31%  倍率  1.28倍
初値売りでの損益 51,800円(2,348円 - 1,830円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は10,523円になります。

Macbee Planet(マクビープラネット)の初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,830円 ~ 1,990円
※抽選資金:18.3万円 ~ 19.9万円
初値予想 2,080円 ~ 2,280円※3/16 修正
予想損益 0円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,860円あたり
※抽選資金:18.6万円あたり
初値予想 2,200円 ~ 2,500円
予想損益0円
送信中...

初値予想アンケート

Macbee Planet(マクビープラネット)の初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(1,860円)を基準価格としています。

有効回答:412   投票期限:2020/3/30 (月) 23:59まで
5,580円以上
(3倍以上)
49票  12%
投票済み

4,650円以上~5,580円未満
(2.5倍以上~3倍未満)
7票  2%
投票済み

3,720円以上~4,650円未満
(2倍以上~2.5倍未満)
27票  7%
投票済み

2,790円以上~3,720円未満
(1.5倍以上~2倍未満)
84票  20%
投票済み

2,232円以上~2,790円未満
(1.2倍以上~1.5倍未満)
50票  12%
投票済み

1,860円以上~2,232円未満
(1倍以上~1.2倍未満)
43票  10%
投票済み

1,860円未満
(公募割れ)
152票  37%
投票済み

IPO「Macbee Planet(マクビープラネット)」の主な幹事証券

Macbee Planet(マクビープラネット)の主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


IPO参加のポイント

Macbee Planet(マクビープラネット)は、データを活用したマーケティング分析サービスの提供を行っている企業です。

アナリティクスコンサルティング事業が主力事業で売上高の98%を占めています。

ハニカム

同社の強みは3つ。

  1. データ解析プラットフォームである「ハニカム」により、複数のメディアにまたがって出稿しているWeb広告の一元管理が可能。
    流入経路を解析することにより、Web広告の効果測定を可視化。
  2. Web接客ツールである「Robee」により、ユーザーがクライアントのWebサイトへ到達するまでの流入経路ごとに、成約率や離脱率、Webサイト内での滞在時間・読了率等をレポート化し、見えにくい課題を抽出して、課題改善に。
  3. 2つの事業から得られる各々の情報やデータ等を相互利用。
    クライアントの要望に応じたマーケティング手法やデータ活用方法を迅速にサービスに反映。

初値決定後の追記

同社の初値は+28.3%と仮条件の下限決定ながら、上昇しました。
開始直後の値動きを見ていましたが、疑心暗鬼からはじまり徐々に買い注文が集まったようです。

初値形成後の株価は右肩下がり。
13:20分ころからストップ安になりそのまま終えました。
初値の上昇から嵌め込みだったのかもしれません(上がると見せかけて、買い注文をいれさせる。そのすきに売り抜ける)

2020年のIPOは25社上場し、初値より株価が上がっているのはわずか2社しかありません。
まだまだ疑心暗鬼のIPO相場になりそうです。

3.19追記。コロナショックの影響により相場は軟調続きです。
2020年は9件の上場中止に。直近IPOは大幅な公募割れと、IPOにとって完全に逆風です。

購入期間になりますが、評価を「B」から「D」へ変更しました。

公募価格は想定価格より上ブレ(人気あり)たのですが、仮条件(1,830円~1,990円)下限である1,830円に決まりました(人気なし)。IPOは異常事態です。

3/25に上場したヴィス(5071)の初値は騰落率-8%に、3/9に上場したフォーラムエンジニアリング(7088)は騰落率 -21.3%となりました。

下限決定は公募割れのリスクが非常に高いので、購入辞退もご検討ください。

なお一部、ペナルティがある証券会社があります。

3.16追記。米国において新型コロナウィルスの危機感が高まっている一方、日本は具体的な案が政府より発表されず、市場への不安が日々高まっています。

Macbee PlanetはIPOで人気のある事業ですが、この相場でどこもかしこも売られている状態にあります。

評価「B」は継続し予想利益を変更させて頂きました。
初値予想を2,080円 ~ 2,280円に下方修正。予想利益を9,000円~2.9万円に変更しました。

ブックビルディングの判断は慎重にお願いします。

3.12追記。コロナショックにより、株式市場は低迷しています。
評価Cの公募割れリスクはさらに高まり、評価「B」でも公募割れのリスクが高まっています。

ブックビルディングの参加、または当選後の購入は慎重にどうぞ。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 業績が好調。
  • 市場からの吸収金額が21億円とやや大きい。
  • 同業他社が多い。
  • 設立まもないベンチャー企業(2015年)

3.10追記。仮条件が想定発行価格(1,860円)より上振れ決定(1,830円 ~ 1,990円)したので、初値予想を2,380円 ~ 2,690円に修正。予想利益は3.9万円~7万円です。

目論見書の想定仮条件は1,860円。初値予想は2,200円 ~ 2,500円としました。
予想利益は3.4万円~6.4万円です。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。