デリバリーコンサルティングのIPO情報

評価B

2021/7/29 (木)に上場する、デリバリーコンサルティングのIPO情報です。

評価B

クライアント企業のDXを支援する事業。


IPO「デリバリーコンサルティング」の上場日

上場日 2021/7/29 (木) 証券コード 9240
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
公式サイト

デリバリーコンサルティング

デリバリーコンサルティングのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 B(やや高い)
銘柄により参加がおすすめ
ブックビルディング期間

2021/7/12 (月) ~ 7/16 (金)

仮条件 850円~950円
(抽選資金:8.5万円 ~ 9.5万円)
当選口数 11,380口
公募株数 150,000株 売出株数 988,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

デリバリーコンサルティングの公募価格と初値

公募価格 950円 初値 (想定の初値)
1,140円 ~ 1,330円
※7/9 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)
19,000円~38,000円
※7/9 修正

デリバリーコンサルティングの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 850円 ~ 950円
※抽選資金:8.5万円 ~ 9.5万円
初値予想 1,140円 ~ 1,330円※7/9 修正
予想損益 1.9万円~3.8万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,130円あたり
※抽選資金:11.3万円あたり
初値予想 1,580円 ~ 1,800円
送信中...

初値予想アンケート

デリバリーコンサルティングの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(1,130円)を基準価格としています。

有効回答:246   投票期限:2021/7/28 (水) 23:59まで
3倍以上
(3,390円以上)
32票  13%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(2,825円以上~3,390円未満)
23票  9%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(2,260円以上~2,825円未満)
46票  19%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(1,695円以上~2,260円未満)
58票  24%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(1,356円以上~1,695円未満)
59票  24%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(1,130円以上~1,356円未満)
19票  8%
投票済み

公募割れ
(1,130円未満)
9票  4%
投票済み

IPO「デリバリーコンサルティング」の主な幹事証券

デリバリーコンサルティングの主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


デリバリーコンサルティングの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年7月 2019年7月 2018年7月
売上高 1,394,510 1,054,391 777,222
経常利益 119,075 6,431 -67,711
当期利益 113,568 8,085 -55,053
純資産 179,635 66,067 57,981
配当金
EPS 31.08 2.21 -1,506.66
BPS 1,501.55 1,501.55 1,501.55
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年7月 2019年7月
売上高 1,509,152 1,148,904
経常利益 126,200 9,214
当期利益 114,570 9,156
純資産 171,216 56,602
EPS 31.35 2.51
BPS 46.00 14.64
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

デリバリーコンサルティングは、ITコンサルティングとITシステム開発の双方向からクライアント企業のDXを支援することを経営方針として、デジタルトランスフォーメーション事業を展開。

デジタルトランスフォーメーション事業
  • DX全般におけるデジタル化の構想やシステム開発を中心に推進する「デジタルマイグレーション」
  • 企業のデータ活用を戦略的に進める「データストラテジー」
  • 現場の業務効率化のためのITツールの導入を進める「インテリジェントオートメーション」

元親会社はマザーズ上場で、法人システムコンサルが主力のメディアシーク(4824)。現在は持分法適用関連会社。

メディアシークは、デリバリーコンサルティングの発行済株式総数の33.40%を保有。
上場時にデリバリーコンサルティンググループはメディアシークの関係会社から外れる予定。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。(決算情報
  • IPOで人気のある「DX支援」事業。
  • 購入単価が低いIPOが好調。
  • オファリングレシオが28.8%とやや高い。
  • 同業他社が多い。
  • 売出比率が86.8%と高い。
  • 新株予約権に係る潜在株式数は891,900株で、発行済株式総数の20.3%に相当。
  • 【7.9追記】仮条件が15.9%も下振れして決定。割高と判断されている?

7.9追記。仮条件が想定価格の1,130円より15.9%下振れて、850円 ~ 950円に決定しました。
機関投資家の需要が低いことが予想されるので、初値予想を1,140円 ~ 1,330円に修正。
予想利益は1.9万円~3.8万円です。

目論見書の想定仮条件は1,130円。初値予想は1,580円 ~ 1,800円としました。
予想利益は4.5万円~6.7万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事は平等抽選のSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

当選数が多いので、必ず参加するようにしましょう!

IPO当選に必須の証券会社カブスルも一家で18回 当選しています。

松井証券でもIPOの申込みが可能です。

ブックビルディング時に抽選資金が不要。
当選してから入金すれば良いので、抽選資金が限られているときに有り難いです。

ほかに幹事数が増えてきた楽天証券や、落選してもポイントがもらえるSBI証券もおすすめです。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で穴場的存在
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。