米国株を買える証券会社を比較【2019年版】

米国株は、どの証券会社でも取引できるわけではありません。

こちらで、米国株を取引可能なネット証券会社を手数料やサービスの面で比較します。

最初に結論ですが、米国株の取引ならマネックス証券が一歩や二歩もリードしています。
(2019.7.10時点)

米国株を取引手数料で比較!

ネット証券会社の米国株の手数料の比較です。※2019.7.10 時点

成行注文の場合。1取引あたり(税抜)

証券会社

マネックス証券 SBI証券 楽天証券
取引手数料

約定金額の0.45%

最低手数料

0.1米ドル

※7/22(月)から
無料に。

5米ドル

※7/22(月)から
無料に。

最大手数料

20米ドル

為替手数料 25銭
半年間 無料
25銭
その他 特になし

手数料1%分をポイントバック

  • ※1 半年間とは、2020年1月7日までの予定です。

取引手数料に差はありませんでしたが、マネックス証券が、7/8から最低手数料を引き下げたことにより、手数料合戦がはじまりました。

  • 7/10追記。楽天証券とマネックス証券が22日から、最低手数料を無料にすると再発表。
  • 7/9追記。SBI証券が22日から、最低手数料を無料にすると発表。
  • 7/8追記。マネックス証券が22日から、最低手数料を1セントにすると発表。
  • 7/5追記。楽天証券が22日から、最低手数料を1セントにすると発表。

楽天証券は、米国株の取引で手数料の1%に値する「楽天スーパーポイント」がつきます。ポイントは楽天市場など楽天グループで利用できます。(超割コース対象)

売却時には、どの証券会社も取引手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が別途かかります。 (約定代金1米ドルにつき、0.0000207米ドルの手数料が発生)

米国株の注文方法で比較!マネックス証券が注文方法多彩!

ネット証券会社の米国株の注文方法の比較です。※2019.7.4 時点

証券会社

マネックス証券 SBI証券 楽天証券
成行注文 OK OK OK
指値注文 OK OK OK
逆指値注文 OK no no
その他の注文方法

ツイン指値
連続注文

なし なし
最大注文有効期間 90日間 15営業日 当日中
注文受付時間 24時間 夏:22:30~翌5時
冬:23:30~翌6時
夏:22:30~翌5時
冬:23:30~翌6時

時間外取引

OK no no

注文方法は、マネックス証券圧倒的に優れています。

注文の種類が多く、有効期間が長く、立会時間外にも取引できます。

特に、損切り設定ができる逆指値注文はリスク管理において必須の注文方法です。

時間外取引

マネックス証券は、立会時間に加えて「プレ・マーケット」、「アフター・マーケット」でも取引することが可能です。

マネックス証券の時間外取引
マネックス証券ホームページより

決算発表後でも取引可能です。

日本株でいえば、PTS(私設取引)のような利用方法ができます。

米国株のサービスで比較!マネックス証券が充実!

ネット証券会社の米国株のサービスの比較です。※2019.7.4 時点

銘柄数はカウントして数えていますので、多少数が違う場合もあります。

証券会社

マネックス証券 SBI証券 楽天証券

取り扱い米国株

3,148 1,758 2,076

レポート

OK OK △

スマートフォンアプリ

OK no no

定期買付

no OK no

貸株

no OK no

夜間サポート

OK no no

特定口座の有無

OK
確定申告

「特定口座 源泉徴収あり」
ならば、確定申告は不要

「特定口座 源泉徴収なし」
ならば、状況に応じて必要。

レポート内容による比較

米国株のレポートは各社、次の通りです。(2019.7.11時点)

マネックス証券
  • 米投資銀行で活躍され、米国企業の動向に精通している広瀬氏による米国株ウィークリーレポート(原則月曜日更新)。
  • 米国株厳選銘柄レポートBOOK(四半期更新)。
  • 月一回のオンラインセミナー。
SBI証券
  • モーニングスター社が提供する個別銘柄レポート。
  • 米国株式 決算速報ニュース。
  • 米国の投資週刊誌バロンズの記事を厳選したレポート。
楽天証券
  • 米国の投資週刊誌バロンズの記事を厳選したレポート。

一部のレポートはログイン後に読むことができます。

各証券会社の口座開設および、外国株口座の開設は無料です。

取り扱い米国株

米国株の取扱数は、マネックス証券が一番多いです。

サンダル靴でおなじみの「クロックス(CROX)」やハンバーガーチェーンの「ウェンディーズ(WEN)」もマネックス証券なら購入することが可能です。

とはいえ、SBI証券楽天証券もサービス開始当初よりは、取扱数が増えてきました!

スマートフォンアプリ

マネックス証券は、米国株専用のスマートフォンアプリが利用できます。利用は無料

トレードステーション米国株 スマートフォン
マネックス証券ホームページより

アプリの「トレードステーション米国株 スマートフォン」は、米TradeStation社の開発した米国株取引専用のスマートフォン向けアプリケーションです。

定期買付

SBI証券は 毎月、好きな日に好きな米国株や米国ETFを自動買付できます。

米国株は1株から買えるので、1株ずつ積み立てていくことも可能です。

貸株

貸株とは、保有している株を証券会社に貸し出すことで、金利を受け取れるサービスです。

SBI証券は米国株や米国ETFの貸株を行っています。

夜間サポート

マネックス証券のコールセンターは、22時~翌7時まで対応しています。
(米国の夏時間の期間は、21時~翌6時まで)

コールセンターですから、電話による問い合わせが可能です。

特定口座/確定申告

口座開設時に特定口座を選択しておけば、同証券会社内において国内株式等と損益通算が自動的に行われます。(節税)

また、源泉徴収ありを選択しておけば、確定申告の必要もありません

異なる証券会社同士で国内株式や米国株の損益通算を行う際には確定申告が必要になります。

注意!
米国株の注目度アップにより、ほとんど聞いたことのない、外資系の証券会社を勧めているブログがあります。

特定口座に対応しておらず、手数料くらいしかメリットがありませんのでご注意を。

外国株口座開設から取引までの流れ

外国株の口座開設から、米国株を取引するまでの流れです。

「証券総合取引口座」とは国内株式投資等を行う通常の口座です。
どこの証券会社でも「証券総合取引口座」を開設する必要があります。

口座開設をしていない場合

  1. 証券総合取引口座を開設
  2. 外国株取引口座の開設 (数営業日)
  3. 証券総合取引口座の日本円を米ドルに交換し、外国株取引口座に資金を用意

証券総合取引口座の口座を開設をしている場合

  1. 外国株取引口座の開設
  2. 証券総合取引口座の日本円を米ドルに交換し、外国株取引口座に資金を用意

以上、現状では米国株の取引はマネックス証券一択で良い気がします。

それもそのはず。
マネックス証券は他社よりいち早く、米国株の取引サービスにチカラをいれていました。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。