株主優待タダ取りの手数料やリスクは?

これまでに株主優待タダ取りのメリットを説明してきましたが、優待タダ取りで発生する 「手数料等」と「リスク」について説明していきたいと思います。

クロス取引(つなぎ売り)にかかる手数料

クロス取引(つなぎ売り)にかかる手数料はこちらです。
※一般的に「株主優待タダ取り」と説明されますが、下記の手数料がかかりますのでタダではありません。

売買手数料

取引の売買に関する手数料です。

信用取引の貸株料

信用売りでは、株を借りている日数分の貸株料が発生します。

配当相当額の支払い

信用売りでは、予想配当情報に基づき配当金の相当額を支払います。
※ただし、現物株の配当金収入があります。

逆日歩(品貸料)
要注意!

制度信用取引の信用売りにて、株を借りている日数分の貸株料が発生します。
※高額の手数料になる場合があり要注意!
 回避する方法もあり最後に説明しています。

売買手数料

手数料

こちらは、株式を取引きする際に発生する売買手数料です。
「現物買い」と「信用売り」の売買手数料が発生します。

信用取引の貸株料

信用売りは証券会社より「株」を借りて取引を行います。
証券会社より借りている株に関して「借りた日数分の貸株料」が発生します。

貸株料が年利3%で100万円の株を借りた場合、1日につき、

貸株料(一日)= 100万円 × 3% ÷ 365(日)= 82.19178・・

約82円が1日あたりの貸株料となります。

貸株料は受渡日ベースで計算されます。
土日や祝日をはさんだ場合、その日数分も貸株料が発生します。

配当相当額の支払い

信用売りをしている場合、信用買いをしている人に対して「配当金相当額の支払い」をする必要があります。

ただし、クロス取引の場合は現物買いをしているので、そちらで配当金を頂けます。

つまり、現物買いで配当金を頂いて、信用売りで配当相当額を支払っていますので、実質的な負担はほぼありません。(現物株で頂ける配当金と配当相当額の支払い金額の差額が実質負担)

  • 配当金:1,000円の収入
  • 配当相当額の支払い:1,000円の支出

両者の差額は0円となるはずですが、収入に関しては20.315%の税金が発生します。

つまり・・・

  • 配当金:1,000円の収入
     ⇒ 1,000円 × 20.315% = 203円が税金へ。
     ⇒ 1,000円 - 203円 = 797円が実質的な配当収入になります。
  • 配当相当額の支払い:1,000円の支出

よって、税金分(20.315%)の 203円が実質的な差額となります。

さらに ややこしいですが、取引口座の状況などにより、配当収入で納めた税額が還付される場合があります。

よって、優待タダ取り時に発生する手数料に、配当金の差額を載せないで紹介している記事もありますが、当サイトではきちんと計算しております。
手数料が予定より安くなるのはラッキーということで (  ̄∇ ̄)

逆日歩(品貸料)

信用取引には大きく分けて二種類あります。

「制度信用取引」を利用している場合、信用売りをしている銘柄が株不足になると、追加のレンタル料金(逆日歩)が発生する場合があります。

信用売りが多くなる銘柄(優待銘柄)ほど逆日歩は高額になりやすく、結果 思わぬ手数料が発生してしまう場合があります。

こちらの逆日歩が、優待タダ取りを狙う「クロス取引」において最大のリスク要因となります。

逆日歩による大損の事例

逆日歩によりコストが高くなった失敗事例です。2017.3月の株主優待

  • アドアーズ
    株主優待:120分ボディコース(2万2千円相当分)のチケット2枚
    逆日歩:24円 × 3,500株(優待獲得株数)8万4千円の逆日歩が発生!
  • ココスジャパン
    株主優待:食事優待券1,000円と飲食代割引カード(5%)
    逆日歩:105円60銭 × 100株(優待獲得株数)1万560円の逆日歩が発生!
  • 中央魚類
    株主優待:市価3,500円相当の水産物
    逆日歩:23円40銭 × 1,000株(優待獲得株数)2万3,400円の逆日歩が発生!

どれも得られる株主優待よりも、大きなコストがかかっております・・・。

逆日歩は回避できる!!

ここまで説明すると、不安になるかと思いますが、

逆日歩(品貸料)は 「一般信用取引」では発生しません!

つまり、一般信用取引で信用売りを出来る証券会社にてクロス取引(つなぎ売り)を行えば、最大のリスク要因である逆日歩の心配はなくなります。

※一般信用取引の貸株は証券会社が用意します。
証券会社が品貸料を要求していないので、逆日歩(レンタル料金)が発生しません。

株主優待タダ取りに発生する手数料まとめ

項目

*おすすめ*
一般信用取引
制度信用取引
売買手数料 発生する
信用取引の貸株料 発生する
現物と信用の配当金の差額 発生するが還付される場合もあり
逆日歩(品貸料) 発生しない! 発生する
場合によってはかなり高額に・・・。

参考記事にて管理人が株主優待タダ取りを行った際に 実際にかかった手数料等を記載しております。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

次項では、「株主優待のタダ取り(クロス取引)」を行うなら 是非利用したい 一般信用取引で信用売りが出来る証券会社を紹介します。

クロス取引 最大のリスク要因は「逆日歩」。その他の手数料は微々たるものです。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

7/31(月)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google