初心者の株式投資道場実践した金融商品株主優待のタダ取りとは?

株主優待のタダ取りとは?

株主優待

持ち株の企業から、商品券やギフト券、商品などを頂ける「株主優待」


株価は日々、上下に変動していますので 株主優待を欲しくて購入したはいいが、株価が下がって損をした!・・・というのもよくある話です。

値下がりリスクを最大限に減らすのが「株主優待のタダ取り」

上記で述べたとおり、株を購入した以上どうしても避けられないのが「株価の値下がりリスク」ですが、こちらの 値下がりリスクを最大限に減らす方法というのが、これから紹介する 「株主優待のタダ取り」という戦法になります。

一般的に雑誌等でも「タダ取り」と呼ばれているので、私も「タダ取り」と書いていますが、実際はタダ(無料)ではありません。多少は株価の変動リスクや手数料等が影響します。
この点につきましては後ほど詳しく書いていきます。

恐らく「?」と感じる点が多いと思うので、順を追って説明したいと思います。

株主優待を頂くまでの流れ

株主優待を頂くまでの流れをこちらで確認しておきましょう。

  1. 「権利付き最終日」に株を保有しておく※当日に購入しても可
  2. 株主名簿に記載される
  3. 数ヶ月後に株主優待が送られてくる※一般的には約2~3ヶ月後

権利付き最終日に購入しても株主優待を頂けるが「下落リスク」が高い

株主優待は、「権利付き最終日」に株を購入して、翌営業日(権利落ち日)に売却しても株主権利は得られます。つまり、株主優待を発行している企業の場合は株主優待を頂けます。

限られた資金で株主優待を複数の企業からもらう為に、このように短期間(権利付き最終日の数日前など)だけ保有して株主優待をもらっている個人投資家も多いです。

ただし、上記のような短期間のトレードの場合、権利付き最終日に向けて高くなっている株価で購入し、翌営業日の下落して安くなっている株価で売却をしてしまうケースがあります。

株主権利確定後は下落しやすい

株主優待の価値以上に売買で損失を出しては意味がない

株主優待を得られたのは良いですが、売買の差額で損失を出しているケースがあります。 株主優待をもらっても、優待の価値以上に損失を出しては意味がありません。

「株主優待のタダ取り」はこちらの下落リスクを回避する

上記のように、短期間でタダ取りを狙うと、株価の下落リスクを受けやすいですが、その下落リスクを軽減する方法が「株主優待のタダ取り」です。

「クロス取引」または「つなぎ売り」と呼ばれる方法で、その下落リスクを軽減するわけですが、次項で詳しく説明していきたいと思います。

値下がりリスクを最大限に減らす方法が「株主優待のタダ取り」です。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

11/30(木)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(日)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


12/31(日)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。