Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)のIPO情報

評価C

2024/2/8(木)に上場する、Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)のIPO情報です。

評価C

mRNAを標的とする低分子創薬および核酸創薬のプラットフォーム事業。


IPO「Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)」の上場日

上場日 2024/2/8(木) 証券コード 130A
市場 東証グロース 業種 医薬品
公式サイト

Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)

Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 C(やや低い)
不参加 or IPOチャレンジポイント狙い
ブックビルディング期間

2024/1/24 (水) ~ 1/30 (火)

仮条件 800円~1,000円
(抽選資金:8万円 ~ 10万円)
当選口数 8,000口
公募株数 800,000株 売出株数 0株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)の公開価格と初値

公開価格 1,000円 初値 2,001円
騰落率 100.10%  倍率  2.00倍
初値売りでの損益 100,100円(2,001円 - 1,000円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は20,335円になります。

Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)の初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 800円 ~ 1,000円
※抽選資金:8万円 ~ 10万円
初値予想 920円 ~ 1,030円※1/23 修正
予想損益 -8,000円~3,000円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,120円あたり
※抽選資金:11.2万円あたり
初値予想 1,030円 ~ 1,160円

IPO「Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)」の主な幹事証券

Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)の主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年12月 2021年12月 2020年12月
売上高 178,801 59,330 13,326
経常利益 -138,455 -240,082 -297,034
当期利益 -141,381 -232,319 -297,905
純資産 1,542,590 1,683,971 516,291
配当金
EPS -25.70 -51.92 -270.82
BPS -739.73 -739.73 -739.73
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)は、インシリコRNA構造解析技術をはじめとしたデジタル技術と創薬技術を統合した創薬プラットフォーム「ibVIS®」を活用したmRNA標的低分子創薬を主事業としています。製薬会社との共同創薬研究を通じて、mRNA標的低分子医薬品の創出に取り組んでいます。

また、将来の事業の多角化のため、インシリコRNA構造解析技術を応用した各種RNA関連創薬の取り組みも開始しています。

事業内容

新NISAを意識した取引がはじまっている2024年。業績堅調な配当株が注目されています。
業績が赤字になりやすく配当金がないバイオ株は、投資家の注目度が低くなりそうです。

仮条件の価格、相場環境を考慮して評価は変更する可能性があります。(一段下に)

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • 社会的意義が高い事業内容
  • オファリングレシオが14.6%と低い
  • 研究開発費で赤字になりやすいバイオベンチャー
  • IPOで人気のない業種
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調(配当株が人気高い)
  • 【1.23追記】仮条件が10.7%も下振れして決定。人気なし
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多いが期間ロックアップで初値への影響なし
  • ブルーオーシャンを開拓できる可能性

1.23追記。仮条件が800円 ~ 1,000円に決定。(想定価格1,120円より10.7%下ブレ
初値予想を920円 ~ 1,030円に修正。予想利益は-8,000円~3,000円です。

目論見書の想定仮条件は1,120円。初値予想は1,030円 ~ 1,160円としました。
予想利益は-9,000円~4,000円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルはパスします。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。