GMOフィナンシャルゲートのIPO情報

2020/7/15 (水)に上場する、GMOフィナンシャルゲートのIPO情報です。

対面型決済を行う決済端末の提供及び決済処理サービス。

IPO「GMOフィナンシャルゲート」の上場日

上場日 2020/7/15 (水) 証券コード 4051
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
公式サイト

GMOフィナンシャルゲート

IPO「GMOフィナンシャルゲート」のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 B(やや高い)
銘柄により参加がおすすめ
ブックビルディング期間

2020/6/30 (火) ~ 7/6 (月)

仮条件 2,420円~2,540円
(抽選資金:24.2万円 ~ 25.4万円)
当選口数 4,488口
公募株数 240,000株 売出株数 208,800株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

GMOフィナンシャルゲートの公募価格と初値

公募価格 2,540円 初値 6,550円
騰落率 157.87%  倍率  2.58倍
初値売りでの損益 401,000円(6,550円 - 2,540円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は81,463円になります。

GMOフィナンシャルゲートの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 2,420円 ~ 2,540円
※抽選資金:24.2万円 ~ 25.4万円
初値予想 3,050円 ~ 3,340円※6/26 修正
予想損益 5.1万円~8万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 2,420円あたり
※抽選資金:24.2万円あたり
初値予想 2,780円 ~ 3,100円
予想損益 3.6万円~6.8万円
送信中...

初値予想アンケート

GMOフィナンシャルゲートの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(2,420円)を基準価格としています。

有効回答:256   投票期限:2020/7/14 (火) 23:59まで
3倍以上
(7,260円以上)
66票  26%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(6,050円以上~7,260円未満)
50票  20%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(4,840円以上~6,050円未満)
73票  29%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(3,630円以上~4,840円未満)
26票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(2,904円以上~3,630円未満)
20票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(2,420円以上~2,904円未満)
11票  4%
投票済み

公募割れ
(2,420円未満)
10票  4%
投票済み

IPO「GMOフィナンシャルゲート」の主な幹事証券

GMOフィナンシャルゲートの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


GMOフィナンシャルゲートの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年9月 2018年9月 2017年9月
売上高 2,040,761 1,314,934 1,051,211
経常利益 148,627 103,365 92,532
当期利益 104,694 66,433 66,061
純資産 2,738,021 2,633,327 2,566,893
配当金
EPS 29.12 18.48 551.35
BPS 21,419.52 21,419.52 21,419.52
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年9月 2018年9月
売上高 2,379,019 1,617,103
経常利益 226,579 169,037
当期利益 134,820 90,092
純資産 3,044,163 2,673,625
EPS 37.50 25.06
BPS 781.17 743.67
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

GMOフィナンシャルゲートは、キャッシュレス決済市場において対面決済サービス事業を展開しています。

サービス内容

対面決済専業の会社として、電子マネー決済やQRコード決済などの消費者ニーズに合わせた様々な決済手段を提供。

また、労働人口減少という環境変化を鑑みて、省人化・無人化に寄与する組込型決済端末の提供も開始。

キャッシュレスプラットフォーマー

4月30日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。(6社目の再承認)

コロナ禍が及ぼす影響について、同社の認識は次の通りです。(太字はカブスルにて強調)

新型コロナウイルス感染症が当社グループの経営環境に与える影響は、現時点において限定的なものではありますが、先行きは不透明な部分もあり、継続して注視してまいります。

他社が資金調達の規模を小さくしているのに対し、同社は前回とほぼ変わっておらず、強気の設定です。(全体の公開株数が1,100株減っただけ。想定価格も変わらず)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。(決算情報
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • オファリングレシオが13.4%と低い。
  • 市場で敬遠される親子上場。同社はひ孫。
  • 同日に2社が上場。
  • 4月のIPO中止時とほぼ変わらない強気設定。(他社は規模を落としている)
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。

6.26 追記。仮条件が2,420円 ~ 2,540円に決定。(想定価格 2,420円より5%上ブレ↑)
初値予想を3,050円 ~ 3,340円に修正。予想利益は5.1万円~8万円です。

目論見書の想定仮条件は2,420円。初値予想は2,780円 ~ 3,100円としました。
予想利益は3.6万円~6.8万円です。

強気設定がやや気になりますが、カブスルは幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

GMOクリック証券が委託幹事となりました。
GMOグループが上場する際に幹事になることがあり、カブスルもまれにある機会の為に口座開設しています。

  • GMOメディア
    初値売り利益 277,000円、騰落率:101.09%
  • GMO TECH
    初値売り利益 784,000円、騰落率:135.17%
  • GMO リサーチ
    初値売り利益 280,000円、騰落率:133.33%

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。