サイエンスアーツのIPO情報

評価A

2021/11/24 (水)に上場する、サイエンスアーツのIPO情報です。

評価A

デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム。


IPO「サイエンスアーツ」の上場日

上場日 2021/11/24 (水) 証券コード 4412
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
公式サイト

サイエンスアーツ

サイエンスアーツのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 A(高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2021/11/4 (木) ~ 11/10 (水)

仮条件 1,510円~1,710円
(抽選資金:15.1万円 ~ 17.1万円)
当選口数 2,200口
公募株数 200,000株 売出株数 20,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

サイエンスアーツの公開価格と初値

公開価格 1,710円 初値 4,545円
騰落率 165.79%  倍率  2.66倍
初値売りでの損益 283,500円(4,545円 - 1,710円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は57,593円になります。

サイエンスアーツの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,510円 ~ 1,710円
※抽選資金:15.1万円 ~ 17.1万円
初値予想 3,000円 ~ 3,850円※11/1 修正
予想損益 12.9万円~21.4万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,510円あたり
※抽選資金:15.1万円あたり
初値予想 2,570円 ~ 3,320円
送信中...

初値予想アンケート

サイエンスアーツの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(1,510円)を基準価格としています。

有効回答:332   投票期限:2021/11/23 (火) 23:59まで
3倍以上
(4,530円以上)
197票  59%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(3,775円以上~4,530円未満)
41票  12%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(3,020円以上~3,775円未満)
40票  12%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(2,265円以上~3,020円未満)
24票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(1,812円以上~2,265円未満)
9票  3%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(1,510円以上~1,812円未満)
9票  3%
投票済み

公募割れ
(1,510円未満)
12票  4%
投票済み

IPO「サイエンスアーツ」の主な幹事証券

サイエンスアーツの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


サイエンスアーツの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年8月 2019年8月 2018年8月
売上高 222,760 179,102 143,983
経常利益 -92,373 -95,238 -34,127
当期利益 -92,063 -95,988 -34,849
純資産 278,601 218,514 49,603
配当金
EPS -31.48 -33.26 -1,268.18
BPS 1,805.07 1,805.07 1,805.07
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

サイエンスアーツは、スマートフォンIP無線を活用した映像と音声のプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」を開発している企業です。

Buddycomは、スマホやタブレットにインストールして使える、映像、音声、位置情報(IoT)を利用した業務用チームコミュニケーションアプリ。

ノンデスクワーカーのDXを進める現場向けSaaSです。

鉄道会社、航空会社、総合スーパー、介護施設、工場、商業施設、大規模小売店舗など業界業種を問わず、現場の課題を解決するコミュニケーションツールとして、370社、5万人以上のユーザーが利用。2021年5月実績

Buddycomの利用ライセンス(ID)を、サブスクリプションにより、セールスパートナー(販売代理店)を通じてエンドユーザーに販売。

売上構成比

SaaSはIPOの中でも人気の高い業種。

魅力あるサービスかどうかの目安となるチャーンレート(解約率)は0.54%と低いです。(2021年5月までの9ヶ月間の平均)

NRR(売上継続率)は、同期間において123.7%の伸びで好調。
(NRRが100%あると解約よりもアップセルが上回っている状態)

ARRとNRR

以前から上場の噂があった企業で、文句なしの評価「S」にしようと思っておりましたが、経常赤字が思ったより拡大していることと、どうやら同社のCTO(最高技術責任者)が「第32回高専プロコン」の審査員を努めた際に、高圧的なコメントで批判を集めたようです。

人材獲得の場でやらかしたな・・という印象もあり、一段階評価を下げました。
とはいえ、事業内容とSaaSの指標、IPOの内容どれも良く人気化するのは間違いないかと思います。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

人気が高い
  • IPOで非常に人気のある「DX支援」「SaaS」事業。
  • 月次解約率はわずか0.5%!
  • NRR(売上継続率)は123.7%の伸びで好調!
  • 働き方改革につながる事業内容は需要あり。
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 大手企業への導入実績あり。
  • 購入単価が低いIPOが好調。
  • 市場からの吸収金額が4.3億円と非常に小さい。
  • オファリングレシオが7.5%と非常に低い。
  • 売上高は右肩上がり。経常赤字は拡大しているが回収可能か。(決算情報
  • 【11.1追記】仮条件が13.2%も上振れして決定。需要あり?
  • 同社のCTOが「第32回高専プロコン」の審査員を努めた際に批判あり。

11.1追記。仮条件が想定発行価格(1,510円)より13.2%の上振れ決定(1,510円 ~ 1,710円)したので、初値予想を3,000円 ~ 3,850円に修正しました。予想利益は12.9万円~21.4万円です。

目論見書の想定仮条件は1,510円。初値予想は2,570円 ~ 3,320円としました。
予想利益は10.6万円~18.1万円です。

公募割れリスクは低いと思われます。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

平等抽選で資金力関係なく当選チャンスがある、マネックス証券SMBC日興証券がおすすめです。

ほかに、落選してもポイントがもらえるSBI証券もおすすめです。

カブスルは上記の3社だけでIPOに62回当選しています。(全当選数の63.9%)

大和証券が幹事となっていますので、委託幹事としてCONNECTも取り扱いが決まりました。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは1回当選)

追加で岡三オンライン証券でもIPOの申込みが可能になりました!

IPOのブックビルディング時に、抽選資金がいらず当選してから入金すれば良い有り難いしくみです。

auカブコム証券も委託幹事になりました。

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でもブックビルディングに参加したいところです。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。