モダリスのIPO情報

2020/8/3 (月)に上場する、モダリスのIPO情報です。

遺伝子治療薬の研究開発。遺伝子を切らず改変。

IPO「モダリス」の上場日

上場日 2020/8/3 (月) 証券コード 4883
市場 東証マザーズ 業種 医薬品
公式サイト

モダリス

IPO「モダリス」のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 S(最も高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2020/7/14 (火) ~ 7/20 (月)

仮条件 1,000円~1,200円
(抽選資金:10万円 ~ 12万円)
当選口数 27,000口
公募株数 2,100,000株 売出株数 600,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

モダリスの公募価格と初値

公募価格 7/21 (火)に決定 初値 (想定の初値)
2,180円 ~ 3,000円
※7/10 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)
98,000円~180,000円
※7/10 修正

モダリスの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,000円 ~ 1,200円
※抽選資金:10万円 ~ 12万円
初値予想 2,180円 ~ 3,000円※7/10 修正
予想損益 9.8万円~18万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 820円あたり
※抽選資金:8.2万円あたり
初値予想 1,480円 ~ 1,970円
予想損益 6.6万円~11.5万円
送信中...

初値予想アンケート

モダリスの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(820円)を基準価格としています。

有効回答:206   投票期限:2020/8/2 (日) 23:59まで
3倍以上
(2,460円以上)
127票  62%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(2,050円以上~2,460円未満)
15票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(1,640円以上~2,050円未満)
12票  6%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(1,230円以上~1,640円未満)
21票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(984円以上~1,230円未満)
8票  4%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(820円以上~984円未満)
9票  4%
投票済み

公募割れ
(820円未満)
14票  7%
投票済み

IPO「モダリス」の主な幹事証券

モダリスの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


モダリスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 644,500 65,297 17,921
経常利益 128,822 -228,981 -141,200
当期利益 127,899 -229,932 -142,150
純資産 3,819,701 1,191,802 1,421,735
配当金
EPS 5.43 -11.44 -1,028.95
BPS -389.38 -389.38 -389.38
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月
売上高 644,500 65,297
経常利益 146,351 -213,390
当期利益 140,528 -217,909
純資産 3,842,542 1,201,779
EPS 5.96 -10.84
BPS 153.09 -14.84
※EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

モダリスは、遺伝子治療薬の研究開発を行っている企業です。

同社グループのターゲットとしている遺伝子疾患とは、患者数の少ない希少疾患。
患者数は一つ一つの疾患は細分化されていても、合わせると世界中で4億人もいるとされています。

希少疾患領域のための治療薬開発は、開発コストと開発期間が膨大にかかる従来型の創薬では効率が悪いためこれまで敬遠されており、95%の希少疾患にはまだ治療薬がありません。
同社グループの技術力でこの問題解決に挑みます。

ターゲット

コアとなるプラットフォーム技術である「切らないCRISPR技術」を用いた創薬によって、その多くが希少疾患に属する遺伝子疾患に対して治療薬を次々と生み出し、企業理念である「Every life deserves attention (すべての命に、光を)」のとおりに、病気のために希望を失わなくてすむ社会の実現を目指しています。

モダリスは4期目で黒字化を達成しています。(バイオ系の企業は赤字であることが多い)

業績

ビジネスモデルの概要は下記となります。

ビジネスモデルの概要

パートナーに技術プラットフォームであるCRISPR-GNDM技術を開放し、パートナーの選定したターゲットに対してパートナーの資金で治療薬の開発を行う「協業モデルパイプライン」と自社でCRISPR-GNDM技術を用いてターゲットの選定から行い、自己資金でCRISPR-GNDM技術を用いて治療薬の開発を行う「自社モデルパイプライン」の2種類があります。

協業モデルパイプラインと自社モデルパイプラインを組み合わせることによって、協業モデルの利点である早期の収益獲得と自社モデルの利点である将来の大きなアップサイドである上市後の収益獲得の両者の特徴を組み合わせた、「ハイブリッドモデル」を目指しています。

ビジネスモデル

武漢発の新型コロナウィルスの影響でワクチンの開発が期待されており、最近はバイオ系の企業の株の注目度が高まっています。
同社はワクチン開発を行っていませんが、バイオ系ということで注目度が高まる可能性があります。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が最も高い「S」に設定しました。

A評価と迷いましたが、市場からの注目度は非常に高いと思いS評価に。(人によって意見分かれるかも)

  • 設立まもないバイオベンチャー企業(2016年)ながら、4期目(2019年)で黒字化。(決算情報
  • 再生医療関連事業はテーマ性が高く、社会的意義も大きい。
  • コロナ禍でバイオ株に人気あり。
  • オファリングレシオが11.4%と低い。
  • 購入単価が低い(8.2万円)。
  • 市場からの吸収金額が25.4億円とやや大きい。
  • 著名人も上位株主に。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多い。ロックアップもあったりなかったり。

7.10 追記。仮条件が1,000円 ~ 1,200円に決定。(想定価格 820円より46.3%上ブレ↑)
初値予想を2,180円 ~ 3,000円に修正。予想利益は9.8万円~18万円です。

やや懸念事項としては、現在、直近IPOが過熱気味なこと。
上場日に相場が反転するとIPOにとっては悪影響がでます。

目論見書の想定仮条件は820円。初値予想は1,480円 ~ 1,970円としました。
予想利益は6.6万円~11.5万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

平等抽選で資金力関係なく当選チャンスがあるSMBC日興証券がおすすめです。

ほかに、落選してもポイントがもらえるSBI証券もおすすめです。

SBI証券は現在、現金2,000円がもらえる口座開設企画中です♪

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。