ファインズのIPO情報

評価A

2022/9/28 (水)に上場する、ファインズのIPO情報です。

評価A

動画を起点に企業のマーケティングDXを支援するVideoクラウド事業など。


IPO「ファインズ」の上場日

上場日 2022/9/28 (水) 証券コード 5125
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
公式サイト

ファインズ

ファインズのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 A(高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2022/9/8 (木) ~ 9/14 (水)

仮条件 1,610円~1,800円
(抽選資金:16.1万円 ~ 18万円)
当選口数 10,200口
公募株数 250,000株 売出株数 770,000株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

ファインズの公開価格と初値

公開価格 1,800円 初値 2,703円
騰落率 50.17%  倍率  1.50倍
初値売りでの損益 90,300円(2,703円 - 1,800円)× 100株

NISA口座利用による非課税額は18,344円になります。

ファインズの初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,610円 ~ 1,800円
※抽選資金:16.1万円 ~ 18万円
初値予想 2,520円 ~ 3,250円※9/7 修正
予想損益 7.2万円~14.5万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,610円あたり
※抽選資金:16.1万円あたり
初値予想 2,250円 ~ 2,900円
送信中...

初値予想アンケート

ファインズの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

公開価格(1,800円)を基準価格に修正しています。

有効回答:362   投票期限:2022/9/27 (火) 23:59まで
3倍以上
(5,400円以上)
213票  59%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(4,500円以上~5,400円未満)
27票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(3,600円以上~4,500円未満)
34票  9%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(2,700円以上~3,600円未満)
51票  14%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(2,160円以上~2,700円未満)
21票  6%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(1,800円以上~2,160円未満)
6票  2%
投票済み

公募割れ
(1,800円未満)
10票  3%
投票済み

IPO「ファインズ」の主な幹事証券

ファインズの主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


ファインズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年6月 2020年6月 2019年6月
売上高 2,199,730 1,937,641
経常利益 382,737 209,009 -2,942
当期利益 256,939 129,810 -6,726
純資産 390,191 133,251 3,273
配当金
EPS 64.23 32.45 -6,726.60
BPS 3,273.40 3,273.40 3,273.40
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

ファインズは、動画を起点に企業のマーケティングDXを支援するVideoクラウド事業と店舗向け予約・顧客管理システムを活用して店舗DXを支援する店舗クラウド事業を行っている企業です。

事業内容

主力事業は、主に動画制作サービス、動画配信プラットフォームサービス(Videoクラウド)、DXコンサルティングの3つのサービスを提供しているVideoクラウド事業。

販売実績

売上高のグラフは急成長に見えますが、第一期は2019年3月15日~6月30日までの期間のもの。(同社の設立は2019年3月。実質上の存続会社の設立は2009年5月)

東証グロース市場のIPO案件としては吸収金額がやや大きいですが、堅調な業績推移と事業内容を考えれば、初値は無難につきそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

人気が高い
  • 業績が好調(決算情報
  • 2023年6月期の業績予想(前期比)は、売上高2,979百万円(+14.7%)、営業利益735百万円(+24.4%)
  • 想定価格と2023年6月の予想実績によるPERは14.2倍。前期実績で計算するとPER15.9倍
  • IPOで人気のある「動画制作」事業。同社は動画制作からデータ活用まで一気通貫のサービス
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり
  • 大手企業への導入実績あり
  • 【9.7追記】仮条件が11.8%も上振れして決定。需要あり?
  • 市場からの吸収金額が21.1億円とやや大きい
  • 同業他社が多い
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い
  • 上場市場のグロース市場が上場日に崩れないことを願う

9.7追記。仮条件が想定発行価格(1,610円)より11.8%の上振れ決定(1,610円 ~ 1,800円)したので、初値予想を2,520円 ~ 3,250円に修正しました。予想利益は7.2万円~14.5万円です。

目論見書の想定仮条件は1,610円。初値予想は2,250円 ~ 2,900円としました。
予想利益は6.4万円~12.9万円です。

公募割れリスクは低いと思われます。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事は大手証券でありながら、抽選資金が不要の野村證券です。

当選数も多く用意されており、ブックビルディング時に抽選資金がいりません。
当選してから入金するという、有り難いシステムです。

野村證券同様、IPOの抽選資金が必要ない松井証券岡三オンラインでもIPOの申込みが可能です。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

追加の委託幹事としてLINE証券が決まりました。
2021年5月末からIPOの取り扱いを発表したばかりでいまならライバルが少なく、IPO当選の狙い目になります。(カブスルは1回当選)

ほかに、平等抽選で平等に当選チャンスがあるマネックス証券SMBC日興証券がおすすめです。

また、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券でも参加しておきたいです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに68回当選しています。(全当選数の59.1%)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でもブックビルディングに参加したいところです。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。