noteのIPO情報

評価B

2022/12/21 (水)に上場する、noteのIPO情報です。

評価B

メディアプラットフォーム「note」の運営


IPO「note」の上場日

上場日 2022/12/21 (水) 証券コード 5243
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
公式サイト

note

noteのブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 B(やや高い)
銘柄により参加がおすすめ
ブックビルディング期間

2022/12/6 (火) ~ 12/12 (月)

仮条件 2022/12/05に決定
当選口数 12,793口
公募株数 210,000株 売出株数 1,069,300株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

noteの公開価格と初値

公開価格 12/13 (火)に決定 初値 2022/12/21 (水)に上場予定
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (予想利益)
-3,000円~1.5万円

noteの初値予想と予想利益

★仮条件 決定前の予想
想定価格 300円あたり
※抽選資金:3.0万円あたり
初値予想 270円 ~ 450円
送信中...

初値予想アンケート

noteの初値予想のアンケートにご協力お願いします。

目論見書の想定価格(300円)を基準価格としています。

有効回答:55   投票期限:2022/12/20 (火) 23:59まで
3倍以上
(900円以上)
23票  42%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満
(750円以上~900円未満)
6票  11%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満
(600円以上~750円未満)
6票  11%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満
(450円以上~600円未満)
4票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満
(360円以上~450円未満)
3票  5%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満
(300円以上~360円未満)
1票  2%
投票済み

公募割れ
(300円未満)
12票  22%
投票済み

IPO「note」の主な幹事証券

noteの主な幹事証券です。

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


noteの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年11月 2020年11月 2019年11月
売上高 1,884,149 1,523,174 791,121
経常利益 -433,474 -270,388 -298,886
当期利益 -436,174 -352,308 -301,177
純資産 574,109 1,010,283 1,162,263
配当金
EPS -31.96 -26.00 -2,317.09
BPS -8,386.57 -8,386.57 -8,386.57
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

noteは、メディアプラットフォーム「note」の運営を主要な事業としている企業です。

noteは、個人を中心としたあらゆるクリエイターが文章やマンガ、写真、音声、動画等のコンテンツを自由に投稿・販売し、読者はそのコンテンツを楽しんで応援・購読することができる、CtoCのメディアプラットフォームです。

事業内容

累計会員登録者は550万人。個人の利用だけでなく、法人アカウントは16,000件超、学校の利用数は183件、自治体は105件、中央省庁/独立行政法人は22件に。(2022年8月時点)

売上高は奇麗な右肩上がり。社員数も年々、増加。
ただし、経常損失が続いています。今後の課題は黒字化か?

売上構成と推移

今後の成長イメージをみてみると、BtoBサービスの「note pro」による成長曲線で急上昇していますが、サービスページを見る限り、チョットそれは厳しいんじゃないかというイメージです。

今後の成長イメージ

2022年5月に337.9億円あった時価総額が、IPO時点で44.4億円と1/7に。
IPOの発行価格300円は、前回調達時より価格が低いダウンラウンドとなっています。

IPOの内容的には需給が絞られており価格は上下に動きやすくなっています。
知名度目線では↑ですが、ダウンラウンドの壮絶さを考えれば↓目線になります。

仮条件の価格発表を待ち、この300円という想定価格がどういう評価になるのかを待ちたいと思います。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がり。ただし経常損失が続く
  • 購入単価が低いIPOが好調
  • オファリングレシオが9.9%と低い
  • 市場からの吸収金額が4.4億円とかなり小さい
  • 知名度が高い
  • 前回の資金調達時よりも低い株価で株式を発行するダウンラウンド
  • 新株予約権に係る潜在株式数は1,700,000株で、発行済株式総数の11.63%に相当
  • ベンチャーキャピタルの持ち株が多く、動向が怖い
  • 上場の意義がわからない(感じ取れない)
  • 12月後半のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。選別される可能性あり
  • 集客力を活かした次の一手に期待したい
  • 需給が絞られており初値が上昇しやすいが、下落もしやすい
  • ベンチャーキャピタルの所有割合は40.95%。ロックアップ解除後の売り圧力に注意

目論見書の想定仮条件は300円。初値予想は270円 ~ 450円としました。
予想利益は-3,000円~1.5万円です。

カブスルはお祭り気分で参加します。
また、もし初値が安くつくようであれば少量だけ保有しておきたいなと思っています。

平等抽選で資金力関係なく当選チャンスがある、マネックス証券や、落選してもポイントがもらえるSBI証券もおすすめです。

カブスルは上記の2社だけでIPOに47回当選しています。(全当選数の40.2%)

ブックビルディング時に抽選資金が不要松井証券でもIPOの申込みが可能です。

抽選で当選してから入金すれば良いので、抽選資金が限られているときに有り難いです。

大和証券が主幹事となっていますので、委託幹事としてCONNECTが後日 決まるかと思います。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは2回当選)

そのほかに口座開設数が多い楽天証券や、岩井コスモ証券auカブコム証券でも参加が可能です。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。