ソフトバンクのIPO情報

「ソフトバンク」のIPO情報を紹介しています。
初値売りによる利益予想 や 管理人のコメントなど参考にどうぞ。

IPO「ソフトバンク」の上場日

上場日 2018/12/19 (水) 証券コード 9434
市場 東証一部 業種 情報・通信業

業務内容は ソフトバンクの公式サイト にてご確認下さい。

IPO「ソフトバンク」のブックビルディング期間

市場注目度 C(やや低い)
不参加 or IPOチャレンジポイント狙い
ブックビルディング期間

2018/12/3 (月) ~ 12/7 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,500円~1,500円
(抽選資金:15万円 ~ 15万円)
当選口数 16,036,937口
公募株数 0株 売出株数 1,603,693,700株

IPOの抽選に必要な抽選資金は仮条件×100株になります。

IPO「ソフトバンク」の公募価格と初値

公募価格 1,500円 初値 (想定の初値)
1,450円 ~ 1,550円
※12/8 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の初値売りによる利益)
5,000円
※12/8 修正

IPO「ソフトバンク」の想定利益

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 1,500円 ~ 1,500円
※抽選資金:15万円 ~ 15万円
初値の想定価格 1,450円 ~ 1,550円※12/8 修正
想定条件での初値売り損益 5,000円
(1,550円 - 1,500円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 1,500円あたり
※抽選資金:15.0万円あたり
初値の想定価格 1,450円 ~ 1,650円
想定条件での初値売り損益 15,000円
(1,650円 - 1,500円)× 100株

IPO「ソフトバンク」の主な幹事証券

「ソフトバンク」の主な幹事証券(委託を含む)です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 引受幹事証券(委託を含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


IPO参加のポイント

ソフトバンク(9434)に関する質問&返答はブログで行っております。

ソフトバンクは、上戸彩さんやお父さん犬のCMでおなじみの携帯会社です。

平成最後の大型IPOとして12月19日の上場が決定しました。

(12.10追記)募集規模を上回る購入希望あり

12月10日15時02分付けの日本経済新聞に下記の記事が出ています。

携帯電話「ソフトバンク」の知名度や配当利回りの高さが個人投資家の注目を集め、募集規模を上回る購入希望があったもようだ。
(中略)
投資家が正式に申し込むのは11~14日。販売にあたる証券会社の営業担当者からは「通信障害など悪材料が噴出しており、事態を不安視した個人投資家から入金キャンセルが出ないか心配だ」との声も聞かれた。

ソフトバンク、売り出し価格1500円に 個人の関心高く

ブックビルディングの購入申し込みは順調だったようですね。

恐らく、通信障害やファーウェイの懸念材料がなければ、順風満帆でした。
記事後半にもあるように、購入申し込みや当選辞退は明日11日からですので、キャンセルが相次げば、募集規模を下回るかもしれません。

12月10日16時54分付けの日本経済新聞に下記の記事が出ています。

高い配当利回りに着目した個人投資家の人気を集めた一方、上場直前の通信障害といった悪材料もあって、証券会社の営業員がノルマ消化に苦戦する場面もあったようだ。市場の一部では、ブックビルディング期間中に集まった応募は売り出し株数の1.1倍前後になったとの観測も出ている。

ソフトバンクIPO、投資家は高配当に注目 通信障害で冷や汗

割当数が多いこともありますが、募集倍率は1.1倍とほぼ申し込めば当選する倍率となっているようです。

ところで、ソフトバンクが未上場だったってご存知でしたでしょうか?

現在、上場しているのは親会社の「ソフトバンクグループ(SBG)」になります。
孫正義氏が株主総会に出ている姿をニュースなどで見る機会もあるので、既に上場していると思っている人は少なくないかと思います。私の妻も身内も知りませんでした。

携帯会社のソフトバンクは、ソフトバンクグループ(SBG)の子会社になり、上場すれば親子上場になります。

ソフトバンクは上場することにより、携帯子会社として経営の独立性が高まり、親会社のソフトバンクグループ(SBG)は投資会社としての性格が強まります。

参考までに

姉妹サイト「庶民のIPO」にて、ソフトバンクの将来性や親子上場について詳しく紹介しています。

2.6兆円という調達金額は これまでに例がなく、投資家の注目度も高いです。
主幹事は通常1社ですが、今回は6社の共同主幹事となります。

知名度が高く市場からの調達金額(吸収金額)が1,000億円を超える大型IPOの過去データです。
調達金額の大きいIPOは公募割れのリスクが高いですが、知名度が高いIPOの場合は株価が健闘する傾向にあります。

上場日 企業名 市場からの調達金額 当選口数 初値売りによる利益
2018年12月19日 ソフトバンク(9434) 2.6兆円 1,427万口 -
2018年6月 メルカリ(4385) 1,306億円 19万口 20万円
2017年12月 佐川急便(SG HD)(9143) 1,276億円 71万口 2万8千円
2016年10月 九州旅客鉄道(JR九州)(9142) 4,160億円 120万口 5万円
2016年7月 LINE(3938) 1,328億円 35万口 16万円
2015年11月 日本郵政(6178) 6,930億円 495万口 23,100円
2015年11月 ゆうちょ銀行(7182) 5,980億円 412万口 23,000円
2015年11月 かんぽ生命保険(7181) 1,452億円 66万口 72,900円

過去の大型案件の実績を考慮し、ソフトバンクの初値予想を設定しました。

12.7 追記。大規模な通信障害をうけ、総務省が行政指導を検討しています。
なお 国内にIPOが約9割まわり、大半は個人投資家に配布されます。
その個人投資家に動揺が広がっていますので、初値予想を1,450円 ~ 1,550円に引き下げました。

11月19日 予想修正。
目論見書の想定仮条件は1,500円です。

  • 初値予想は 1,450円 ~ 1,650円
  • 予想利益は -5千円 ~ +1.5万円

初値予想は1,500円 ~ 1,600円、予想上限による利益は+1万円と設定しました。

予想の下限と上限を拡大しました。
下限を拡大したのは、損失のリスクもありますよ!と知って頂きたいからです。
上限を拡大したのは、TVCMが投入されていることと、配当利回りの良さが好感されているためです。

2018年12月7日の日本経済新聞より

投資家の申し込みが殺到するもっとも重要な局面で想定外の事態が起き、個人投資家の一部で購入をキャンセルする動きが出ている。現時点で19日の上場スケジュールに変更はなさそうだが、ソフトバンクが緊急で機関投資家向けに電話会見を開くなど、混乱回避に躍起になっている。

(中略)

今回の上場は国内で約9割が売り出される。金額は2兆円を超え、その大半が個人投資家に販売される。

(中略)

19日の大型上場を滞りなく終えるために、ソフトバンクも主幹事証券も投資家の不安を和らげるの必死だ。ただ個人投資家からは「説明責任が十分に果たされていない」との声も上がる。上場当日まで気の抜けない時間が続く。

by 「日本経済新聞 電子版」より

なお、スウェーデン通信機器大手エリクソンの交換設備でソフトウエアに異常がきたし、ソフトバンクの通信障害が発生しました。同社の通信機器はNTTドコモやKDDI auも使っているそうですが、トラブルを起こした機器がなかったようです。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクもある「C」に設定しました。

プラスポイント

  • 知名度 抜群。
  • 配当性向は85%と高い。上場会社の平均は30%。
  • 配当利回りは5%と高い。東証1部の平均は約2%。
  • 業績が好調なこと。

マイナスポイント

  • (12.7追記)6日に大規模な通信障害が発生し、個人投資家の買い控えが起きそうなこと。
  • (12.7追記)SBと提携関係にある中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部がカナダで逮捕されたこと。
  • 市場からの調達金額が2.6兆円と非常に大きいこと。
  • 市場で敬遠される親子上場であること。
  • IPO人気が非常に高い「Kudan」と同日上場。

事業の将来性については賛否があります。
親会社の投資事業は成功していますが、将来的には分からないなど。

読者の方より「評価Cは変わることはないの?」と、ご質問を受けました。

評価は変わる可能性があります。(変わった際は追記します)
2015年の日本郵政グループのIPOが、今回のソフトバンクに近いです。

日本郵政三社が上場する際も「規模が大きすぎる!」「親子上場だ!」「目新しい事業でない!」「下落は確実だ!」とネガティブな声が多く聞こえました。

最初の評価は公募割れリスクがある「C」でしたが、配当利回りの高さが見直され、ブックビルディングの申し込みも好調なことから、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の評価は中立の「B」へ見直されました。結果は上記の通り3社ともに初値はプラスです。

調達金額の大きさはケタ違いですが、状況的には似ています。

ワンポイント

主幹事は大手証券でありながら抽選資金が不要の野村證券のほか、公平抽選のSMBC日興証券や幹事数が多いSBI証券です。

主幹事は当選数が多いので、当選狙いの場合は必ず参加するようにしましょう!

管理人は思い出のひとつとして、ソフトバンクのIPO(ある意味お祭り)に参加しようと思っています。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴や過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

各証券会社の口座開設で現金がもらえるお得な口座開設キャンペーンを行っています。

合計で現金4,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを期間限定で行っています♪(タイアップ詳細

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」ではソフトバンクのIPOを詳しく紹介しています。便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムも無料でご利用出来ます。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツを次のページにて紹介しています。
また、当選しやすい証券会社なども紹介していますので、参考にしてみて下さい。


送信中...

初心者の株式投資道場 ご意見箱

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

姉妹サイト

庶民のIPO

IPOをさらに詳しく紹介している姉妹サイト「庶民のIPO」もご利用ください。

初心者にも分かりやすくIPOのメリットやデメリットを紹介し、IPOの当選攻略法も多く掲載しています。IPOの初値予想や市場注目度も紹介。

IPOのスケジュール管理に便利なメール通知システムIPOスケジュール管理帳も公開しています。ご利用は無料です。

2018年のIPOも活況が期待されています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

12/28(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円をもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。