PBR (株価純資産倍率) ってなに?

PBRとは、会社が解散した際の企業価値が分かる。

というものであり、割安株の目安にもなります。

PBRの読み方は「ピー・ビー・アール」と読みます。

PBRが低いほど割安

PBRは単独の数字だけでは企業の割安度は図りづらく、前項で説明した「PER」と組み合わせて使うことにより、より銘柄の割安の度合いを図ることができます。

  • PER : 15倍以下
  • PBR : 1.3倍以下

などと、2つの指標を組み合わせて割安銘柄を探すのに用いられます。

なお、銘柄を探す際には証券会社の「スクリーニング(条件による銘柄抽出)」を利用すると簡単に対象銘柄を検索できます。詳しくは下記にて。

参考までに

参考までにマネックス証券で見た「パシフィックシステム」のPBRです。

パシフィックシステムのPBR

PBRは底値圏を探す指標

PBRは、過去のPBRの推移と比較して底値圏を探す指標としても用いられます。

PERが他のライバルとの割安度の比較をするのに便利なのに対し、PBRは過去の同企業のPBRと比較して現在の水準が割安であるか?を判断するのにも役立ちます。

一般的には PBRが1倍に近づくほど底値 だと判断ができます。

これは企業の解散価値に株価が近づいているためです。

PBRの本来のご説明

PBRが1倍に近づけば近づくほど、会社の解散した際の企業価値と同等になります。

どういうことかというと、会社が解散することになり事業をやめる場合、会社が借金を返済した後にも財産が会社に残る場合があります。

その 「残った財産を会社に投資した投資家たちで財産を分けよう!」という権利が株主にはあるんです。

PBRの計算式は、

「株価」 ÷ 「BPS(1株あたりの純資産)」 = 「PBR(純資産倍率)」

で求められ、株価と純資産が一致すると PBR =1倍となります。

つまり、投資した金額と解散したときにもらえる金額が一緒の時は、PBRは1倍となり、

純資産よりも
株価が高い
PBRの倍率は1倍以上と高くなり、
会社が解散した場合のもらえる金額は投資した金額より減る。
(通常はPBRは1倍以上)
純資産よりも
株価が安い
PBRの倍率は1倍以下と低くなり、
会社が解散した場合のもらえる金額は投資した金額より増える。
(1倍以下は「割安」か「倒産危機」のどちらか)

つまり、PBRの倍率が低ければ低い程「割安の目安」になります。

ただし、余りにもPBRの数値が低いときには「倒産」の危険性もあるので、その企業の業績等を調べるようにしましょう。

株価は投資家の評価により決まる

さて、企業が解散したときに投資した金額よりも多くもらえることがあるの?と疑問に思う方もいると思いますが、これは株式投資の世界では ありえることなんです。

どういうことかというと、実際の企業の株価(評価)よりも市場がつけている企業の株価(評価)が低かった場合に起こります。

ただし、PBRの計算式に含まれている「純資産」には、土地や有価証券、はたまたブランド名といったものが含まれていませんので、本当の意味での純資産と呼ぶには難しいようです。

ちょっと例は違いますが、ライブドアのニッポン放送買収問題。

ニッポン放送をまるまる買収して買い上げても、ニッポン放送が保有する各社の株券や純資産を売ることにより、買い上げた以上の利益が出るということで、ライブドアの堀江社長が買収を手がけて話題となりました。

しかもニッポン放送が持つフジテレビへの支配権まで握れるとあって、非常に買収に魅力があったんだと思います。

極端にいえば、1,000億で株券を買いあげてもその企業の資産が1,200億円で売れるようであれば、まるまる200億円分は得するということです。

PBRが低い銘柄は買収のターゲットにされやすいので、企業は買収されないように自社株買いや配当金など株価を上げる対策を打つことが多いようです。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。