Cocolive(ココリブ)のIPO情報

評価A

2024/2/28(水)に上場する、Cocolive(ココリブ)のIPO情報です。

評価A

住宅・不動産業界に特化したマーケティングオートメーションツール「KASIKA」の提供。


IPO「Cocolive(ココリブ)」の上場日

上場日 2024/2/28(水) 証券コード 137A
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
公式サイト

Cocolive(ココリブ)

Cocolive(ココリブ)のブックビルディング期間

ブックビルディング期間になると、幹事証券からIPOに申し込めます。

市場注目度 A(高い)
IPOに積極参加がおすすめ!!
ブックビルディング期間

2024/2/9 (金) ~ 2/16 (金)

仮条件 1,720円~1,780円
(抽選資金:17.2万円 ~ 17.8万円)
当選口数 6,153口
公募株数 150,000株 売出株数 465,300株

抽選資金が不足している方は、IPOの抽選資金が不要の証券会社があります。

また、IPOの申込や当選確認は姉妹サイト「庶民のIPO」の便利なシステムをご利用ください。

Cocolive(ココリブ)の公開価格と初値

公開価格 1,780円 初値 (想定の初値)
2,670円 ~ 3,560円
※2/9 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)
89,000円~178,000円
※2/9 修正

Cocolive(ココリブ)の初値予想と予想利益

★仮条件 決定後の予想
仮条件 1,720円 ~ 1,780円
※抽選資金:17.2万円 ~ 17.8万円
初値予想 2,670円 ~ 3,560円※2/9 修正
予想損益 8.9万円~17.8万円

★仮条件 決定前の予想
想定価格 1,780円あたり
※抽選資金:17.8万円あたり
初値予想 2,480円 ~ 3,000円

IPO「Cocolive(ココリブ)」の主な幹事証券

Cocolive(ココリブ)の主な幹事証券です。

◆ 主幹事証券
割当数(当選数)が多いので参加必須!

◆ 幹事証券(委託含む)
ブックビルディング(抽選)に参加可能!


Cocolive(ココリブ)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2023年5月 2022年5月 2021年5月
売上高 797,145 557,140 297,435
経常利益 140,710 70,503 34,229
当期利益 97,175 48,469 33,519
純資産 267,160 141,060 82,260
配当金
EPS 35.59 17.88 248.31
BPS 609.37 609.37 609.37
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

IPO参加のポイント

Cocoliveは、マーケティング活動を自動化する「KASIKA(カシカ)」を自社で開発・改良し、日本国内の不動産会社に提供している企業です。

顧客は「工務店・ハウスメーカー」「不動産売買仲介業者」「分譲マンション事業者」に属する不動産会社。

KASIKAは、集客活動を行うことにより得られる消費者からの問い合わせをKASIKAに取込み、営業アクションの管理、属性に応じたメールマガジンの一斉自動送信、契約確度の高い消費者(優良顧客)の絞り込みを行うことができる基本機能を有しています。

KASIKAの機能

現在8期目で売上高は奇麗な右肩上がりで黒字。従業員数も徐々に増加で好調。

IPOで人気のある不動産テック。
成長性も高いことから人気化する要素あり。

昨年末のIPOが絶不調だったので、ひとまず評価を中立の「B」にしておきたいと思いますが、他のIPO結果やグロース市況の様子をみて、後日 評価を一段上にUPさせる可能性があります。個人的には期待しています。
【2.8追記】やはり想定価格が高いのか、仮条件の上限価格と想定価格が一緒になりました(弱い)
2024年に上場した二社のIPOの初値、セカンダリー共に好調。迷いましたが評価と予想利益を引き上げました。

参考までに

評価を「B」から初値に期待がもてる「A」に一段、引き上げました。
仮条件はやや弱かったんですが、IPO市況が非常に好調ということで、個人的な期待値が高まりました。
評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

人気が高い
  • IPOで人気のある不動産テック事業
  • 売上高は右肩上がりで高成長(決算情報
  • KASIKAの解約率が1.1%と低い
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待
  • 配当実績なし
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調(配当株が人気高い)
  • 売出比率が75.6%と高い
  • 他のIPOの上場結果にも初値は左右されそう → 絶好調
  • 仮条件の上限価格と前期実績によるPERは50倍。PBRは18.45倍
  • ベンチャーキャピタルの所有割合は約24%。公開価格の1.5倍でロックアップ解除(売り圧力)
  • 2.9追記。仮条件が1,720円 ~ 1,780円に決定。(想定価格は1,780円)
    仮条件はやや弱く決まったんですが、IPO市況が好調なので初値予想を2,670円 ~ 3,560円に修正し、予想利益を8.9万円~17.8万円としました。

    目論見書の想定仮条件は1,780円。初値予想は2,480円 ~ 3,000円としました。
    予想利益は7万円~12.2万円です。

カブスルは積極的に幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事は平等抽選のSMBC日興証券です。今年はやくも二社目。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

当選数が多いので、必ず参加するようにしましょう!

IPO当選に必須の証券会社カブスルも一家で24回 当選しています。

また、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券でも参加しておきたいです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに56回当選しています(全当選数の39.4%)

ブックビルディング時に抽選資金が不要松井証券みずほ証券でもIPOの申込みが可能です。

抽選で当選してから入金すれば良いので、抽選資金が限られているときに有り難いです。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でもブックビルディングに参加したいところです。

カブスル限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金4,000円がもらえる。

IPOに便利なシステムを提供「庶民のIPO」

庶民のIPO

IPOの情報に特化している姉妹サイト「庶民のIPO」では、便利なIPOスケジュール管理帳やメール通知システムを、無料でご利用できます。

IPO初心者も上級者も参考になる情報やデータが豊富です。

IPOの当選確率を上げるコツなど

宝船

IPOに当選するコツや当選しやすい証券会社なども紹介しています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
返答の必要なご質問お問い合わせよりご連絡をお願い致します。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。