ジュニアNISAとは?

「ジュニアNISA」とは、名前の響きからなんとなくお分かりかと思いますが、

「ジュニア」が利用できる「NISA制度」です。

「ジュニアNISA」は2016年4月よりスタートする新しい制度で

0歳 ~ 19歳まで の未成年 が対象になります。

なお、ジュニアNISAの口座開設は2016年1月より可能です。

NISA(大人版)との違い

通常の「NISA」との違いはこちらです。

制度

ジュニアNISA

NISA
利用できる年齢 0歳 ~ 19歳 20歳以上
非課税枠の上限 毎年80万円 毎年100万円
※2016年からは上限120万円
資金の払い出し
(引出し)
非課税の適用を受ける為には原則、18歳までは引き出せない
(途中で引き出す場合は過去に生じた利益に課税される)
いつでも可能
口座管理人 親権者などが代行 本人
金融機関の変更 不可 1年に1度可能

なお、期間中に20歳以上になった場合は、通常の「NISA」へ自動的に移行されます。

ジュニアNISA

ジュニアNISAの特徴

ジュニアNISAの特徴として、

「子供や孫の将来に向けた長期投資」

を子供を持つ親世代に促す目的があります。

それにより、NISAとの大きな違いとして、

  • 資金の払い出しが原則 18歳まで出来ない
  • 金融機関の変更が原則 出来ない

などの縛りがあります。

特に金融機関の変更が出来ないというのが大きな縛りになりますので、ジュニアNISAの口座開設は慎重に行いましょう!

例えば、銀行でジュニアNISA口座を開設すると投資信託は出来ますが、株式投資は出来なくなります。

相続税対策に有効

親や祖父母が子供にお金を渡す いわゆる「生前贈与」は年間110万円まで非課税となっています。つまり、税金が発生しません。

ジュニアNISAの非課税枠の上限は年間80万円。

親や祖父母が「子供やお孫さん」の為に ジュニアNISAの口座を開設し、資金80万円を提供しても生前贈与の非課税範囲内により税金は発生しません。

ジュニアNISAは2016年4月からスタートしますが、ジュニアNISAの口座開設は2016年1月より可能です。

金融機関によっては、事前に申し込みの受付を現在行っています。

私も とある地方銀行で子供の預金口座を開設したところ、「ジュニアNISAの口座を開設しませんか?」と勧められました。

金融機関の変更が出来ないという事は、顧客の取り合いになりますので各金融機関も営業活動を行っているんですね(笑)

私は、「マネックス証券」にて未成年口座の開設をしていますので、そのまま ジュニアNISAも マネックス証券で行う予定です。

ジュニアNISAをはじめとした未成年口座の資産は絶対に減らすわけにはいきません。

それとは対象に 超低金利時代の現代では、リスクをとって資産運用をする必然性もあります。(大変)

株式投資の良い点は「福利効果が高い」事ですが、未成年口座の場合は必然的に長期投資になり、その福利効果も見込めます。

お子さん、お孫さんがいるご家庭は無理のない範囲内でジュニアNISAをはじめとした 未成年口座の開設も検討してみてはいかがでしょうか?

NISAのはじめ方

NISAについて さらに詳しく説明したサイトを公開しました。

管理人おすすめの「NISAの活用法」や「NISA口座を選ぶポイント」、贈与と相性の良い「ジュニアNISA」について 当サイトより さらに詳しく紹介しています。

NISA口座を上手に活用して資産運用を!

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/29(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。