未成年口座運用で知っておきたいこと

赤ちゃん

資産運用において、もっとも大切なのは「資産を減らさないコト」

大切な我が子の資産であれば なおさらです!

資産を減らす危険性がある取引とは、損失のリスクが高い取引になります。
未成年口座の場合は これらの取引を避けていきましょう!


また、カブスルも資産運用途中で気づいたんですが、未成年口座は基礎控除が利用できるので大きな節税となります!

利益がでたら基礎控除48万円で大きな節税に!

未成年口座は確定申告を行うことにより、基礎控除が48万円つきます。

基礎控除とは、所得税や住民税の計算をする時に、納税者の所得から一律で差し引かれる所得控除の1つです。

この基礎控除。給与所得がある大人だけでなく、未成年口座でも適用されます。

株式投資の利益には20.315%の税金が発生し、特定口座 源泉徴収ありで口座開設していると自動徴収されています。

特定口座 源泉徴収ありは確定申告が原則不要ですが、確定申告を行うことにより、株式投資で得た利益に対して基礎控除が適用され、払いすぎた税金が戻ってきます。

  • 株式投資で20万円の利益をだす。
  • 特定口座/源泉徴収ありの場合、税金が40,630円引かれる。
  • 確定申告をした場合、還付金として40,630円が戻ってくる

特定口座/源泉徴収ありのメリットは確定申告が必要ないことなんですが、未成年口座の場合、確定申告を行うことにより、払いすぎた税金が戻ってくるというメリットがあります。

参考までに

Twitterで会計士の方に教えて頂いたんですが、最大で下記の金額が戻ってくるようです。

  • 基礎控除 48万円×15.315% = 73,512円
  • 住民税 43万円×5% = 21,500円

2つ合わせると、約95,000円が確定申告により戻ってきます。

大損したら確定申告で損失を繰り越そう!

未成年口座に限らず、株式投資で損失をだした場合、確定申告により損失を繰り越せます。

損失を繰り越すことにより、次の年に利益がでたときに利益を圧縮して節税することができるんです。(3年間繰り越せる)

  • 2020年 年間の売却益 -50万円
    2020年の確定申告を行う。(損失の繰越)
  • 2021年 年間の売却益 +80万円
    2021年の確定申告を行う。
    繰越の適用(相殺) +80万円 -50万円 = +30万円
    売却益は繰越控除により +30万円とみなされる。

繰越控除により、30万円の利益とみなされた場合、支払う税金は約6万円です。

もし、損失を繰り越していなければ80万円の利益となるので、支払う税金は約16万円です。

未成年口座は利益でも損失でも必ず確定申告するの?

これまでの説明をみるとそうなりますが、確定申告をしない方が良いケースというのも存在します。

ただ、税金関係はカブスルも詳しくないので、一般的な例だけ挙げてみます。

  • 16歳以上の未成年口座で年間48万円以上の利益がでている場合。
    • 16歳以上の未成年口座の所得が一定の金額を超えると、扶養控除が外れ親の税金が上がる可能性あり。また、国民健康保険の金額が上がる場合あり。
    • 心配な場合は、確定申告をしない。(特定口座、源泉徴収ありの場合)
  • 年間利益が135万円を超える場合。
    • 年間利益(所得)が135万円を超える場合、住民税が課税されます。
    • 特定口座、源泉徴収ありの場合、住民税のみ申告不要とする方法あり。
  • 微損の場合。
    • 微損の場合は、確定申告の手間と天秤にかける。

未成年の扶養控除の金額は要件により変わります。
参考までに、マネーフォワードの説明ページのリンクです。

税金についてご不明な点は、お住いの税務署などにご確認ください。
カブスルにお問い合わせいただいても分かりません。

16歳未満は扶養控除関係なし

こどもの扶養控除はどうやら16歳以上からのようです。2021.3.29時点

カブスルの場合、まだ子供が5歳。
年間利益(所得)が135万円を超えるかどうか?だけ注意する必要がありそうです。

損失の場合は、少額でも確定申告を行っています。(勉強のため)

損失リスクが高い取引は控えよう

未成年口座は利益に対して基礎控除があるので、積極的に口座を運用して利益をだしたい口座になります。

とはいえ、損失リスクが高い取引はなるべく避けましょう。

株式投資の失敗
  1. 話題性がある株
  2. 上場直後のIPO株
  3. 仕手株、ボロ株
  4. 上場廃止予定の株(監視銘柄・整理銘柄)

話題性がある株

話題性がある株とは、株価の上昇がニュースやSNSにとりあげられやすく、異常に盛り上がっている銘柄です。(2020年の例でいえば、米国株のテスラなど)

投資家の注目度が高いため、株価も上がりやすいですが、下げ方もキツくなります。

注目される前に購入すると、利益を得られる可能性は高いですが、注目された後に購入すると、株価が急騰した分の急落が待っている可能性がありますので、購入は慎重にしましょう。

上場直後のIPO株

上場直後のIPO株は、注目を集めやすいため、値動きがとても激しくなります。

損失のリスクも高いため、上場後の購入は控えましょう。

買うなら上場前のIPOを購入しましょう。

上場前のIPO株を抽選で手に入れる方法は、損失リスクが低く大きな利益を得られる可能性が高いのでオススメです。

カブスルも未成年口座で実践しています。IPOについては、別記事で詳しく説明しています。

仕手株、ボロ株

仕手株とは、株価を操作されやすい株のことです。

  • 発行済株式数 6,000万株未満。
  • 業績が悪い。
  • 株価が低い。(100円未満など)

見分け方としては、業績が悪いのに、チャートをみると急騰している株です。

仕手株は、急騰した後に急落するリスクがありますので、コチラも投資対象からは外しましょう!

上場廃止予定の株(監視銘柄・整理銘柄)

上場廃止予定の株も 株価が乱高下しやすくなります。

掲示板には「再上場を願って買いましょう~」など、買いを促す買い煽りも多いです。


これまでに説明した「4つの投資」は、株価が急騰しやすいですが、急落もしやすいです。
つまり、期待するリターン値も高いが、損失リスクも高い。

最初に述べたように、最も大事なコトは「大切な資産を減らさないコト!」ですので、急落の危険性がある取引は、我が子の為にも やめておきましょう(  ̄∇ ̄)

ジュニアNISAと未成年口座なら未成年口座の運用がおすすめ

未成年の株式投資では、2つの口座を利用できます。

口座の種類 メリット デメリット
未成年口座
  • ジュニアNISAに比べて自由度が高い。
  • 同口座の利益と損失を損益通算できる(節税)
  • 確定申告により異口座間の損益通算も可能(節税)
  • 損失の繰越控除を利用可(節税)
  • 株で得た利益に20.315%の税金がかかる。
    (ただし、基礎控除など利用できる)
ジュニアNISA
  • 株式投資で得た利益が非課税に。
  • 利用金額(枠)は、年間80万円まで。
  • 損失を損益通算できない。(節税できない)
  • 損失の繰越控除を利用できない。
  • 原則、18歳まで資金を引き出せない。
  • 利用できる金融機関は一社のみ。また変更不可。

それぞれのメリットとデメリットを考えると、個人的には未成年口座がオススメです。

ジュニアNISAは、当選すれば大きな利益が期待できるIPOとの相性が良いと思いますので、IPOの応募のみに利用されることをオススメします。


次項では、カブスルも実践している「IPO」の抽選に参加し、低リスクで投資資金を増やす方法をご紹介致します。

上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。