初心者の株式投資道場株の基本的な仕組みミニ株・プチ株ってなんだ?

ミニ株・ワン株・S株・プチ株ってなんだ?

「ミニ株・ワン株・S株・プチ株」は、各証券会社で利用できる特別な購入法です。

上記をまとめて「単元未満株」と呼びます。

単元未満株は「株」を「単元」に「満たない株数」で取引出来るのが特徴です。

株式は「単元」で購入するのが基本です。

このページで紹介する「単元未満株」は各証券会社が独自に管理する事によって、証券会社内で特別に売買が出来るんです。

単元に満たない株数で購入出来るとは、カンタンに言ってしまえば、通常より少ない資金で株式を購入できるという事です。

単元株と単元未満株の必要購入資金は?

(例) とある銘柄の「株価が2,000円」で「単元株数が100株」だった場合

- 売買単位 最低購入資金
単元株 100株で購入 2,000円 × 100株 = 20万円
- 売買単位 最低購入資金
ワン株

1株から購入可能
マネックス証券

2,000円 × 1株 = 2千円
S株

1株から購入可能
SBI証券

2,000円 × 1株 = 2千円
プチ株

1株から購入可能
カブドットコム証券

2,000円 × 1株 = 2千円
ミニ株

単元株の1/10で購入可能
ミニ株を利用できる証券会社

2,000円 × 10株 = 2万円

いかがでしょうか?

上記の通り、単元株の100株では最低購入金額が20万円必要ですが、ワン株などでは1株の2千円から購入できます。

購入単位が低くなる事により、安く購入 出来るのが単元未満株の魅力です。


資金が足りなくて買えなかった銘柄も、単元未満株では手が届くようになるかもしれませんね。


単元未満株はどこの証券会社でも購入できるわけではありません。
ミニ株やワン株などの単元未満株を利用できる証券会社は下記にて紹介しています (  ̄∇ ̄)

単元未満株やミニ株の注意点も次項で紹介していますので参考にしてみて下さい。

通常よりも安く購入することが出来るミニ株や単元未満株。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

3/31(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

3/31(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google