ミニ株・ワン株・S株・プチ株とは?

「ミニ株」「ワン株」「S株」「プチ株」は、各証券会社で利用できる特別な購入法です。

上記をまとめて単元未満株と呼びます。

購入資金を安く抑えられるのが一番の特徴です。
株式の経験を積むために、単元未満株からはじめても良いと思います。

単元未満株とは?

単元未満株は「株」を「単元」に「満たない株数」で取引できるのが特徴です。

単元に満たない株数で購入できるとは、カンタンに言ってしまえば、通常より少ない資金で株式を購入できるということです。

ワンポイント

株式は「単元」で購入するのが基本です。
※大半が100株単位になります。

このページで紹介する「単元未満株」は各証券会社が独自に管理することによって、証券会社内で特別に売買ができるんです。

株式投資では経験が大事です。
まずは少額から株式投資を始めて、経験を積むにも向いています。

参考までに

株式投資では「経験」が大事です。

最初から大きな資産を運用するよりも少額でも良いから株式投資を初めて慣れることが大切です。管理人も初心者のころは単元未満株の「ミニ株」から株式投資を始めました。

単元株と単元未満株の最低購入資金を比較

(例) とある銘柄の「株価が2,000円」で「単元株数が100株」だった場合

- 売買単位 最低購入資金
単元株 100株で購入 2,000円 × 100株 = 20万円
- 売買単位 最低購入資金
ワン株

1株から購入可能
マネックス証券

2,000円 × 1株 = 2千円
S株

1株から購入可能
SBI証券

2,000円 × 1株 = 2千円
プチ株

1株から購入可能
カブドットコム証券

2,000円 × 1株 = 2千円
単元未満株

1株から購入可能
岡三オンライン証券

2,000円 × 1株 = 2千円
ミニ株

単元株の1/10で購入可能
ミニ株を利用できる証券会社

2,000円 × 10株 = 2万円
単元未満株では購入資金を安く抑えられる!

安い単価で購入できるのが魅力

単元株の100株では最低購入金額が20万円必要です。
単元未満株のワン株などでは1株の2千円から購入できます。

購入単位が低くなることにより、安く購入 できるのが単元未満株の魅力です。

資金が足りなくて買えなかった銘柄も、単元未満株では手が届くようになるかもしれませんね。

しつこくてすみませんが、株式投資で大切なことは投資の経験を積むことです。

参考までに

単元未満株はどこの証券会社でも購入できるわけではありません。
ミニ株やワン株などの単元未満株を利用できる証券会社は下記にて紹介しています (  ̄∇ ̄)

単元未満株の特徴は4つ

単元未満株の特徴は主に4つあります。

特徴1:購入単価が安い

単元未満株は、購入単価が安くなるのが最大の利点です。

  • 「ミニ株」は、通常の単元株の1/10から購入できる。
  • 「ワン株」「S株」「プチ株」は、1株から購入できる。

上記でも、安く購入出来ることを説明してきました。

私はどうしても欲しい銘柄なのに手元に資金がない場合は、ワン株を利用してます。

参考までに

2018年10月にRPA HDを15株、S株で購入しました。ブログ
100株購入するには140万円必要ですが とても無理。20万円分の15株を購入しました。

その後、2019年4月に売却し17万8千円の利益となりました。ブログ

特徴2:取引手数料が安い

単元未満株の1回の取引に対する手数料は、単元株(通常の株)よりも安く設定されています。

2019.1.23 調べ(手数料はオンライントレードの場合 / 税抜)
証券会社 手数料体系 千円の株式を
購入した場合
3万円の株式を
購入した場合

SBI証券
【S株】

約定代金の0.5%
(最低手数料 50円)
50円 150円

マネックス証券
【ワン株】

約定代金の0.5%
(最低手数料 48円)
48円 150円

カブドットコム証券
【プチ株】

約定代金の0.5%
(最低手数料 48円)
48円 150円

参考までに

私が株式投資を始めた2004年ごろは単元未満株の取引手数料の方が安かったのですが、通常の単元株の取引手数料も各証券会社で値下げ合戦が始まり、かなり安くなりました。

2018年現在では、取引手数料は単元株も単元未満株もどちらも安くなっています。

単元未満株の取引手数料については「ミニ株が利用できる証券会社」でも紹介しております。

特徴3:単元株と一緒で配当金を受け取れる

通常の単元株と同様に、持ち株に応じて配当金を受け取れます。

配当金は株式投資の魅力の一つです。
銀行の預金金利よりも良い利回りも期待できます。

参考までに

参考までに「日本郵政」の株価は1,300円。2017.1.30時点
100株保有すると購入金額は13万円になります。

仮に「ミニ株」で10株購入すると、1,300円 × 10株 = 13,000円で購入できます。

配当金は1株につき年間50円
10株 × 50円 = 500円の配当金 を一年間でもらえます。

利回りは 500円 ÷ 13,000円 = 3.84%になります。

ゆうちょ銀行の預金金利は0.001%。
仮にミニ株を購入した時と同じ金額13,000円を預けても一年間で1円未満の利息(0.13円)にしかなりません。

どちらがお得かは・・・一目瞭然ですね!

特徴4:単元株と一緒で株式分割も行なわれる

株式分割が発表された場合、持っているミニ株も株式分割の対象となります。

参考までに

管理人がS株で購入したRPA HDも株式分割しました。ブログ
1:5の株式分割を行い、15株が75株になりました。

単元未満株の注意点は4つ

単元未満株の注意点は主に4つあります。

注意1:ミニ株・プチ株・S株では購入できる銘柄が限定される

ミニ株・プチ株・S株は、売買可能な取扱銘柄が証券会社によって異なります。

また、単元未満株は通常の単元を1/10や1/100にして購入できるわけですが、単元株の単位が「1株」のものはそれ以上、小さくできないわけですから購入することができません。

つまり、通常の単元株より 購入できる銘柄が限定されます。

注意2:取引時間が制限される

ミニ株、プチ株、S株、ワン株などの単元未満株は、取引時間中の好きなタイミングで取引ができません。売買できる時間と約定株価の決定方法が決まっています。

前場: 朝9時 ~ 11時30分、後場: 12時30分 ~ 15時の時間帯。

(2018.7.9時点)
単元未満株 注文時間 約定価格
ワン株
マネックス証券
0:00~
11:30
後場の始値
17:00~
24:00
翌営業日の後場の始値
S株
SBI証券
0:00~
10:30
後場の始値
10:30~
21:30
翌営業日の前場の始値
21:30~
24:00
翌営業日の後場の始値
プチ株
カブドットコム証券
0:01~
10:00
後場の始値
10:01~
23:00
翌営業日の前場の始値
23:01~
24:00
翌営業日の後場の始値
休日 翌営業日の後場の始値
ミニ株 取引会社により異なる 翌営業日の前場の始値

上記の表のように、注文した瞬間に株を購入できる(約定)するわけではなく、同日の後場の始値だったり、翌営業日の前場の始値だったりします。

その場ですぐに売買ができないので、変動が激しい銘柄の場合、思ったよりも高く買ったり、安く売ったりする場合があります。逆に思ったより良い結果で得をする場合もあります。

リアルタイムで売買ができないのが、最大のデメリットかと思います。

注意3:株主優待をもらえない

単元未満株は基本的に株主優待は受けられません

ただし、単元未満株に対して株主優待(端株優待)を発行している企業がまれにあります。
そのような株式を保有している場合は株主優待を受けられます。

注意4:株主総会に出席できない

単元未満株主には議決権はありません。
よって、株主総会への案内も届きません。

通常よりも安く購入することができるミニ株や単元未満株です。
特徴や注意点を知って取引をはじめてみてください。


次に投資期間の考え方について説明します。
最初に結論をいってしまえば・・・自由なんですが。

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。