円高・円安とは?

円高?円安?

さて、いきなり質問です。
あなたは正しく理解できているでしょうか?

為替相場で、

  • 前日 : 1ドル = 100円
  • 本日 : 1ドル = 90円

になりました。

これって円安?円高?

円高?円安?

分からない人はいったん、円をドルに両替して一緒に考えてみましょう。

今、手元に9,000円あるとして・・・

  • 1ドル100円ならば  9,000円÷100円 =  90ドル
  • 1ドル 90円ならば  9,000円÷ 90円 = 100ドル

上記のように円をドルに両替しました。
円をドルにたくさん交換できたのは「1ドル= 90円」の時だから・・・

答えは・・・・そう 「円高」です。

「円の価値があがった」ので円高となります。

ちなみに、

  • 1ドル120円ならば  9,000円÷120円 = 75ドル

同じ9,000円を持っていても75ドルとしか交換できません。

つまり、上記とは逆で 「円の価値がさがった」ので円安となります。

まとめると、「円高・円安」とは、

ワンポイント

  • 円高とは、
    「円の価値」 が 「他国の通貨」 より 「上がる」 こと
  • 円安とは、
    「円の価値」 が 「他国の通貨」 より 「下がる」 こと

円高の方が海外のものをお得に買える

購入しようとしているブランド品が100ドルで売っていたとします。これを円で買うには・・・

  • 1ドル100円ならば  100ドル×100円 = 10,000円が必要
  • 1ドル 90円ならば  100ドル× 90円 =  9,000円が必要

同じブランド品を買う場合、1ドル= 90円の方がお得に買えます。
よって、海外旅行に行かれる方や海外の商品を買う人は「円高」の方が安く買えるので円高になると喜びます。

株式投資への影響は?

こういった円高・円安の関係は、諸外国との「輸出入」に大きく関わってきます。日本は輸出入に大きく頼っている国ですので、円高・円安により経済の流れも変わってくるわけです。

日本は特に輸出産業が強い国ですので、円高が進むと経済の流れも悪くなります。

「円高」 が進むと・・・
輸出 「円」の価値が高くなる = 海外への販売価格が高くなる = 売りづらくなる(輸出減)
自動車関連などの輸出産業が苦戦する = 景気が悪くなる
輸入 海外から安く仕入れられるが、景気が悪くなることにより影響あり
旅行 「円」を海外通貨に替えるとトクをする = 海外旅行などが増えやすくなる
雇用 工場を海外に移転させる企業が増える = 雇用が減る
株価 株価は景気の悪化を懸念して下落傾向

上記のことなどから「円高」よりも「円安」傾向の方が輸出がしやすくなり、経済の流れが良くなり景気も良くなるとされています。

次項では円安による株の影響について考えてみます。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。