EPS(1株あたり純利益)ってなに?

EPSとは、1株に対する利益はどれだけあるのか?

上記を確認する指標です。

EPSの読み方は「イー・ピー・エス」と読みます。

EPSを見れば企業の成長度が分かる

EPSの推移を見れば、企業の成長度が簡単に分かります。
EPSは 1株に対する純利益がどれくらい出てるのかをズバリ価格で表したものです。

では、どういうときに使うかというと、私は、

銘柄に対する株価の目標値を決める指標

として見ています。

「株価」は「1株あたりの純利益(EPS) × PER(株価収益率)」で計算できます。

参考までに

参考までにマネックス証券で見た「任天堂」のEPS(1株あたり純利益) です。純利益が上がっているのが分かります。

任天堂のROE

管理人の株価予測法

たとえば、私が 株価:1,000円 PER:5倍 EPS:200円の銘柄を買ったとします。
この銘柄の株価の推移を大体予想する際に、

私の場合、
EPSから目標株価を
設定してます

PERが10倍になると・・・
200円×10倍=株価2,000円

PERが15倍になると・・・
200円×15倍=株価3,000円

になるな。という株価の推移予想をすることができます。

仮にこの企業が優良企業であれば、PERが10倍から15倍までは市場で「買われる」と思いますので、株価が3,000円になるまでは私は安心してほっとけるな・・・という取引の一つの目安として計算することができます。

たとえPERが変わらなくても、EPS(1株あたりの純利益)があがっていくことによっても株価はあがっていきます。

上記の例で言えば、EPSが300円になったなら、PER10倍で株価3,000円、PER15倍で4,500円になるというわけです。

EPSの本来のご説明

EPSとは「Earning Per Share」の略で「1株あたり純利益」とも呼ばれています。
計算式は「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されます。

EPSの推移を見れば、企業の成長度が簡単に図れます。

EPSが上がる要素は、

  • 純利益が増える
  • 発行済み株式数が減る

このどちらかによりEPSの数値は変わっていきます。
発行済み株式数が減る場合は、企業が「自社株買い」をした時と「株式併合(分割の逆)」をした場合です。

特に自社株買いを毎年定期的に行い、EPSの価値を高めている企業は、株主への利益還元を目的とした対策をしっかりと行なっていると判断できるので投資しがいのある優良企業であるといえると思います

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。