配当金ってなに?

「配当金」とは・・

「企業が出した利益の一部を株主に還元」するというものです。

企業が業績により「1株あたり○○○円の還元をしますよ」と 株主に利益を還元します。

(例)1株当たり5円の配当金を出している企業の場合、

10,000株 購入し保有すると、
5円 × 10,000株 = 5万円の配当金を受け取ることが出来るわけです。

配当金が支払われる時期

一般的に、配当金は年に2回支払われる企業が多いです。(中間決算と期末決算)

配当金に関して特別な規定はありません。

余剰資金を企業の投資活動に利用する為、配当金を出していない企業もあります。

配当金を年に1回だけ(期末決算のみ)出す企業もありますし、「ホンダ」のように年に4回(四半期決算ごと)も配当金を出す企業もあります。つまり、上場企業ごとに配当金の取扱いが違うんです。

配当金の受取り方法は4種類ありますので、下記を参考にしてみて下さい。

どれだけお得に頂けたかは「配当利回り」で分かる

配当金は各企業により「1株につき5円」だったり「1株につき10円」だったりします。

配当金がどれだけお得に頂けたのかは、頂いた配当金の金額ではなく「投資した金額に対して、いくらの配当金を頂けたか?」というお得度を示す「配当利回り」により把握出来ます。

配当利回りは、

配当利回り(配当利率)=「1株あたりの配当金」 ÷ 「購入株価」 × 100

という式で計算できます。
この式で出た数値が高いほど、得られる利率が高いということです。

配当利回りは高いほどお得

配当利回りは 2%以上 あると高配当であると言われます。

また、配当金は一般的には「年2回」頂ける場合が多いです。(中間決算と期末決算)

(例)三井物産の株を100株保有。買値は107,500円。

  • 中間配当金:1株につき32円。100株保有で3,200円の配当金。(ブログ
  • 期末配当金:1株につき32円。100株保有で3,200円の配当金。(ブログ

年間で6,400円の配当金を頂きました。

配当利回り = 6,400円 ÷ 107,500円 = 0.059635
三井物産の 年間の配当利回りは 5.96% となります。

なお、配当利回りは自分で計算する必要はありません。
証券会社の個別銘柄のページに予想される配当金や配当利回りが表示されています。

配当利回りの平均は2.36%

配当利回りが年2%ある株は珍しくありません。

また、配当利回りが4%以上の高配当利回りの株式などもあります。

2012年の東証第一部上場銘柄の平均配当利回りは2.36%
東証第二部上場銘柄の平均配当利回りは2.29%です。(日本証券経済研究所より

配当金は少ない!?

配当金に喜ぶ家族

ちなみに、配当金が送られてきた際に、

「なんだ・・少ないなぁ・・」

と思った方もいるかもしれませんが、それはハッキリ言うと私と同じく「投資資金が少ないから」なんです・・(-`ω´-;A フキフキ


投資により得られる配当金の割合を示す「配当利回り」は、銀行にお金を預ける事により得られる「預金金利」より ずっと高い! はずです。

300万円未満をメガバンクに1年間預けた預金金利は0.01%です。※2016年9月時点

  • メガバンクの定期預金に預けた場合の預金金利 ⇒ 300円
  • 配当利回り年2%の株に投資した場合の配当金 ⇒ 60,000円

株の配当金の方が、預金金利に比べて59,700円も資産が増えました。

参考までに、上記で紹介した三井物産の株を管理人は長期保有で5年間保有しておりました。
三井物産から頂いた配当金の総額は29,987円になります。

三井物産を購入した資金107,500円を銀行に預けた場合、5年間の預金金利(0.025%)で増える資産は134円になり・・・こんなに頂けません!

さらに参考までに、管理人が2015年に頂いた 配当金の合計は44,750円
配当株への投資資金は約270万円で配当利回りは1.61%でした。

仮に投資資金を預金していたら・・・預金金利(0.025%)で増えた資産は…696円になります(涙)

投資資金が増えれば配当金も増える!

単純に、投資資金が10倍になれば 配当金は10倍、
投資資金が1,000倍になれば 配当金は1,000倍の金額になります。

上記の三井物産の例だと、500株購入していれば配当金は年間で約3.2万円、1,000株購入していれば配当金は年間で約6.4万円になるわけです。10,000株購入していれば・・・配当金は年間で64万円!(  ̄∇ ̄)ハハハ

配当利回りが銀行の金利より良い銘柄を購入することで、配当金により資産をうまく増やすチャンスがあるわけですね (  ̄∇ ̄)

管理人は配当金だけで生活をするのが最終的な目標なんです!

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

1/31(火)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

3/31(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google