貯金をしておく

老後の資金確保について、こちらが一番はじめに思い浮かぶ方法ではないでしょうか?
貯金をすることで老後の蓄えを確保しておきます。

貯金は文字通り「お金を貯めておく」こと。
貯金と言えば、銀行や郵便局にお金を預けるのが一般的だと思います。

参考までに

日本人は投資より貯金を好みます。

金融資産比率における日本人の「現金・預金」は52.4%、アメリカは13.8%。
「株式等」は日本人が9.0%、アメリカは34.9%。

日本銀行調査統計局より(2016年3月末のデータ)

預金金利は低金利の時代

大手銀行の預金金利は、定期預金で300万円未満を10年間預けても0.01%です。2017.11.7時点
つまり、預金により増える資産は10年間で・・・わずか「3,001円」になります。

参考までに

参考までに、おじいちゃん世代には金利が約5%ありました。
300万円を預けて、10年間で増える資産は「1,886,684円」になります。

預金金利の昔と現在

銀行預金の考え方が、昔(資産運用)と今(ほぼ預けているだけ)ではまったく違います。

上記のとおり、おじいちゃん世代は「老後の生活資金を確保するために預金をする」という方法が王道でした。預金は確保され、金利も高かったので資産がみるみる増えていったんです。

が、

今の超低金利の時代では 預金で増える資産は微々たるものです。

参考までに

2016年に日銀のマイナス金利政策を受けて、銀行預金は下がりました。
2016年9月時点における みずほ銀行やゆうちょ銀行の定期預金金利は0.010%。
300万円を10年間預けても、増える資産はわずか「3,001円」になります。

預金はあくまでも「今あるお金」をストックしておく手段

上記のとおり、預金金利はほとんどつかない世代です。
貯金は昔とは違い「今あるお金」を将来の為にストックしておく方法です。

つまり、預金は資産を増やす手段としては期待できません。

老齢基礎年金だけでは老後の生活資金は足りません。

こちらの記事は、株式投資歴14年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

12/28(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。