1株から株を購入できる証券会社

1株から株を購入できるので、数百円~数千円で株を購入することができます。

株初心者にとって株の売買の練習になりますし、限られた投資資金の中で多くの企業の株を保有することも可能です。

カブスルは投資をはじめた2004年から「単元未満株」を利用しています。

投資中級者となった今でも利用しており、その経験からおすすめの証券会社を紹介します。

1株購入できる証券会社の取引手数料の比較

1株購入できるその他の証券会社です。

取引手数料は売買ごとに発生しますので、買いと売りで2倍かかります。

マネックス証券のワン株は、買い注文は無料
カブスルもマネックスで購入しています。

2021.8.19 調べ(税込)
証券会社 サービス名 取引手数料
マネックス証券 ワン株
  • 買い注文は無料
  • 売り注文は約定代金の0.55%
    最低手数料 52円
SBI証券 S株 約定代金の0.55%
最低手数料 55円
auカブコム証券 プチ株 約定代金の0.5%
最低手数料 52円
岡三オンライン証券 単元未満株 2万円まで220円
LINE証券 いちかぶ 購入は無料
売却時に99円~
※スプレッド

1株購入できる証券会社の取引時間の比較

単元未満株サービスは、注文した時間により注文が約定するタイミングが決まっています。

2021.6.24時点
証券会社 注文時間 約定価格
SBI証券 0:00~
7:00
前場の始値
7:00~
10:30
後場の始値
10:30~
13:30
後場の終値
13:30~
24:00
翌営業日の前場の始値
マネックス証券 0:00~
11:30
後場の始値
17:00~
24:00
翌営業日の後場の始値
auカブコム証券 0:01~
10:00
後場の始値
10:01~
23:00
翌営業日の前場の始値
23:01~
24:00
翌営業日の後場の始値
岡三オンライン証券 0:00~
10:30
後場の始値
16:15~
21:00
翌営業日の前場の始値
21:00~
24:00
翌営業日の後場の始値

SBI証券のS株の約定タイミングが拡充され、かなり利用しやすくなりました!

当日の注文で、当日中に約定するタイミングが3回もあります。

特に、当日の注文で前場の始値で購入できるのは大きな変化です。
(前夜のNYダウの値動きをみて購入するなど)

1株購入できる証券会社は初心者におすすめ

株式投資で大事なのは経験です。
経験により、損失リスクを軽減できます。

株初心者は、その投資にとって大切な経験が足りません。

預金と思ってコツコツ増やす配当金

1株購入は、購入金額を安く抑えつつ実際に株取引ができるので、株式投資の経験が身に付きます。

1株の購入でも配当金がもらえますし、なかには株主優待がもらえる企業もあります。

現在は、ネオモバの利用で取引手数料も低く抑えて投資ができますので、是非活用してみてください。

わたしが投資をはじめた2004年当時は、10株から購入する「ミニ株」というものしかありませんでした。また、1回あたり500円の手数料が発生していたと思います。

上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。