信用取引ミニ知識

こちらでは信用取引を行う上でのミニ知識をご紹介します。

信用買いで配当金はもらえる?

信用買いの場合、買い手の名義は「お金を貸している証券会社」になります。
よって、株主の権利である「配当金」もお金を貸している証券会社に入ることになります。

私たちには、配当金の相当額が「配当落ち調整額」として証券会社から口座に入金されます。

ちなみに「配当落ち調整額」は、税法上の「配当所得」にはならず「譲渡益(課税対象)」となります。

信用売り(空売り)を行い、権利確定日に株式を保有していた場合は、「配当金の相当額」を証券会社に支払う必要があります。

つまり、

  • 信用買いの場合 ⇒ 配当落ち調整額が証券会社より入金される
  • 信用売りの場合 ⇒ 配当金の相当額を証券会社に支払う

というワケです。

信用買いで株主優待はもらえる?

信用買いを行い権利確定日を迎えても、残念ながら・・・

株主優待は頂けません。

制度信用取引においては、権利として処理を行わないものとされています。
一般信用取引においても同様の取り扱いになっています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。