信用倍率とは?

信用倍率」とは信用取引で使われる専門用語です。
貸借残で見る貸借倍率や取組倍率も同じような意味です。

信用倍率とは信用取引における「信用買い」と「信用売り(空売り)」のバランスを数値で表したものです。

信用倍率 =  信用買い残 ÷ 信用売り残

信用残

各銘柄における「信用買い残」と「信用売り残」は、
証券会社等で確認出来ます。

右図はマネックス証券における
信用取り組みの表示例です。
(信用倍率は取組倍率と表示されています。)


信用倍率の見方

一般的には、信用買い残の方が信用売り残よりも多くなります。

(例)信用買い残 500 : 信用売り残 100

信用倍率 = 500 ÷ 100 = 5(倍)

対して、信用売りは「この銘柄はこれから下がるだろう」と予測して株券を借りて売ります。

相場が下げ相場の状態にあると、そういった予測も入り信用売りが増加する場合があります。

(例)信用買い残 500 : 信用売り残 800

信用倍率 = 500 ÷ 800 = 0.625(倍)

信用倍率が1倍以上ある状態が通常なのですが、相場環境やその他の状況により信用倍率が1倍を切る場合があります。(信用で買う人よりも信用で売る人が多くなっている状態)

信用取引は必ず反対売買を行う必要があります。
(信用買い残が1,000株あれば、将来的に1,000株売られます)

信用買い残(信用倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。
 ⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。

信用売り残(信用倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。
 ⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。

信用倍率のポイント

先ほど述べたとおり、通常は信用倍率が1倍以上あるのが普通です。

ところが、相場環境やなんらかの状況により信用倍率が1倍以下、または1倍に近い場合は「好取組銘柄」と呼ばれ注目を浴びることがあります。

信用売り残が多い状況という事は、反対売買により将来的に買われる可能性が高くなっているからですね。

信用売り(空売り)は買いがどんどん集まると、大損する可能性があるので、「踏み上げ相場」(空売りを仕掛けた人たちが買い戻すこと)により、一気に株価を上げる場合があります。

ただし、いつ買い戻されるかはわかりませんし、下げているのには何らかの理由がありますので、そこら辺を見極めなければなりません。

あくまでも、売買のタイミングを見計らう指標の一つとして信用倍率があります。

信用倍率を見ると信用取引の取組具合が把握できます。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

11/30(木)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(日)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


12/31(日)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。