ミニ株で始めるか?単元株で始めるか?

通常の取引単位である「単元株」と、購入金額を低く抑えらえる「ミニ株」

どちらも良い点・悪い点があります。

投資資金に合わせてどちらかを選択、もしくは2つを併用して投資を行なうことをおすすめします。

管理人は通常は単元株ですが、単元未満株も利用しています。

単元株とは?

「単元株」とは、株式投資で取引される「まとまった単位」のことです。

「単元株」という言葉は聞きなれないと思いますが、一般的に「株を買う/売る」と言われているのは、こちらの単元株のことです。

2018年10月1日より単元株は「100株」に統一されました!

参考までに、単元株はそれまでは100株と1,000株の2種類。2007年11月時点では8種類もあったんです。

株を購入するときは、「株価」×「100株」が最低購入金額となります。

参考までに

参考までに、購入にかかる金額です。

  • 株価1,200円の株式を購入したいときは、1,200円 × 100株 = 12万円となります。
  • 同じ株式を3口(300株) 購入したいときは、1,200円 × 300株 = 36万円となります。

ミニ株(単元未満株)とは?

「ミニ株」は「単元未満株」と呼ばれ、上記の単元株を10分の1の株価で買えます。

「単元」に「満たない株」なので「単元未満株」です。

ワンポイント

ミニ株より便利な「ワン株・S株・プチ株」というサービスが登場しました。

1株から(単元株の100分の1の株価)購入できます。

参考までに

つまり、10万円の単元株がある場合、単元未満株の購入金額は下記になります。

  • ミニ株は1/10の10株1万円で購入可能。
  • ワン株は1/100の1株1,000円で購入可能。

ミニ株などの単元未満株のメリットは安く購入できること。
デメリットもありますので上手に利用していきましょう!

スクリーニングを利用しよう

単元株で10万円以下で買える銘柄を探す場合には、各証券会社を開設すると「スクリーニング」という銘柄の条件検索機能がついてますので、簡単に探すことができます。

※5万円以下、10万円以下で購入できる銘柄などを一覧表示できます。

参考までにマネックス証券で、投資金額を入力してスクリーニングしてみました。

参考までに

2019年3月19日時点で上場数は、4,370銘柄になります。

参考までに、20万円あれば3,028銘柄(約7割)の株式を購入できます。

金額の上限が上がるほど銘柄も増えるわけですが、5万円以下でも充分に単元株が買えるのがわかりました。私は20万円から投資をはじめました。

どちらも株式投資!経験が大事

他のページでも何度か説明させて頂いてますが、投資について何もわからない状態の場合、一度にすべての投資金額を運用する必要はないと思います。

株式投資は経験を積み重ねることにより、リスク管理が上手になっていくものです。

たとえば、10万円が上限であれば一度に10万円を1銘柄に投資するよりも、3万円台を2銘柄買うだとか、5万円台の銘柄を1銘柄のみ買うだとかして、投資の流れに慣れてから予算上限いっぱいまで投資をはじめることを個人的にはおすすめいたします( ̄∇ ̄)

ネット証券会社で手数料を安くしましょう

前項「10万円で株式投資をはじめるコツ」でも紹介しましたが、運用資金が限られている場合は、なるべく売買手数料が安いネット証券会社を利用しましょう。

投資金額が限られている場合は、回数を重ねると取引手数料もばかにはなりません。

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。