信用取引のメリット「信用買い」「空売り」

信用取引は、ハイリスク・ハイリターンな投資法です。

ただし メリットも大変 魅力的なので上手に活用できれば取引のスタイルも広がります。

信用取引のメリット
  • 証券会社より資金を借りて株を買う ⇒ 信用買い
  • 証券会社より株を前借りしその株を売る ⇒ 空売り

信用取引のメリットである上記2つの取引方法を紹介します。

信用買いのメリット

信用買い」では自分の資金の約3倍もの取引ができるようになります。

つまり、50万円の資産で150万円分の株を購入することができるようになります。
100万円あれば300万円分の株を購入することができるようになります。

株は銘柄の株価が高い株(値嵩株)ほど、その株価の動く値幅が大きくなります。
そこでそういった値嵩株に短期投資などして利ざやを得ることもできます。

デイトレードや超短期投資をやる方にはとても魅力あるのが信用買いです。

また、投資できる資金力が増えるので今まで現物では手に入らなかった銘柄でも手にいれることができるようになるので銘柄選択の幅がとても広がります。

最大で約3倍もの投資ができるということは、仮に持ち株がすべて上がったなら最大で

通常の取引よりも「約3倍もの利益」を得られる。

ということです。

空売りのメリット

空売り」は 信用取引のおける最大のメリットといっても過言ではないと思います。

この空売りではなんと、

まだ買っていない株を先に売ることができます。

どういう仕組みかというと、証券取引所よりその銘柄の株を借りて、先に売ります。
借りているわけですから その後、その株を購入して証券取引所に返します。

つまり、これからこの株は下がる!といった銘柄を、

株価が高い時期に売り(空売り)、

株価が安い時期に買い戻します。

A銘柄が株価10万円の時期に空売りを行い、その後下落、
株価が8万円の時期に買いなおすと、 10万円-8万円=2万円 の利益となります。

空売りはすべての銘柄でできるわけではなく、証券取引所によって対象銘柄は決められています。
日本経済新聞株式欄などに銘柄名の前に「・」のマークが入ってるのがそれにあたります。

不祥事などの悪いニュースによる「市場の混乱」や「悪材料に対する株価の下げ」に乗じて利ザヤを得ることができます。

つまり、通常の現物の株式では行えない、

下落局面でも利ザヤを得ることができる。

のが 信用取引での最大の魅力となります。
次項では最も恐れられる信用取引のデメリットについてご説明いたします。

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。