テクニカル投資

テクニカル投資(チャート分析投資)とは、

チャートに見られるローソク足が示すパターンや移動平均線の状態、その他さまざまな参考指標を見て売買を行う投資法です。

チャートのパターンを知っておくことで底値圏から上昇へと転じる可能性のある銘柄を購入したり、頂上圏から下落に転じる可能性のある銘柄をすぐに売却して損失を防ぎます。

相場転換を示すパターンはいくつかあり、そのパターンを知ることで売買の判断に役立てます。

  • 売られすぎ感のある銘柄をチャートで判断して購入したり、
  • 買われすぎ感のある銘柄をチャートで判断して売却する

といったことを行います。

テクニカルをお知らせする株ソフトが便利

テクニカル投資を行う際に、お気に入りの銘柄をひとつずつチェックするのは大変です。
そんな時は有料のものが多いですが「株式投資ソフト」を利用するのがおすすめです。

投資ソフトは料金も内容もピンキリまでありますので、自分にあったものを利用していきましょう~

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。