One Tap BUY(ワンタップバイ):その他のネット証券

証券のつかない証券会社 One Tap BUY(ワンタップバイ)

メディアで話題のスマホ証券

証券会社名 One Tap BUY(ワンタップバイ)
口座開設料 無料
目的別 スマートフォンで取引
特徴 手軽に1,000円から株式投資

One Tap BUY(ワンタップバイ)の紹介

One Tap BUY(ワンタップバイ)」は、スマホだけで手軽に株式投資を行うことを目的として開始されたサービスです。ダウンロード数は2017年7月時点で30万件を超えています。

参考までに

「タップ」とはスマートフォンをポンッと軽くタッチする動作です。
つまり、ワンタップバイとは・・・

「1回 タップするだけで (株式を)買える」という意味になります。

ただし・・・実際の購入には3タップ必要ですが(  ̄∇ ̄)

One Tap BUYは2016年6月にサービスがスタートした新しい企業です。

当初は世界的に有名なアメリカ株30銘柄の取り扱いから始まり、日本株ETFや日本株の個別銘柄の取り扱いも始めています。

日本株を1,000円から買える

2017年7月24日より 日本株の個別銘柄を買えるようになりました。

ただし、すべての銘柄を購入できるわけではなく、初心者にも選びやすい知名度が高い30銘柄から選ぶ形となっております。

取引単位は 1,000円以上1,000円単位になっており、株数ではなく金額を指定して購入します。

売買時の取引コストは0.5%
つまり、1,000円の株式を購入した場合の手数料は5円です。

3種類の日本株ETF

「安定性のあるETF」「ハイリターン追及(リスクも高い)のETF」「日経平均が下がると儲かるETF」の3種類のETFから選ぶことができます。

初心者は安定性のあるETFが無難かと思います。

米国株の購入

One Tap BUY(ワンタップバイ)と言えば、米国株。

フェイスブックやツイッター、スターバックスやアップル、アマゾンなど、世界的に有名な名だたる企業の株を簡単に買うことができます。

選べる米国株は優良企業30社になります。
日本株同様、1,000円以上1,000円単位になっており、金額を指定して購入します。

配当金や株主優待がもらえる

保有している株式に応じて「配当金」が頂けます。
受け取りは「株式数等比例配分方式」になり、口座に入金されます。

株主優待」については、株主優待がもらえる条件(最低保有株式数など)を満たしている場合、もらえます。(米国株は優待制度はありません)

参考までに

仕組みとしては、単元未満株(ワン株・S株)などと一緒になります。

3タップで買える

さすがに1タップとはいきませんが、わずか3タップで購入することが可能です。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の購入の流れ

「投資をなるべくカンタンに」というのがコンセプトで、3タップで買えるというのもそのコンセプトの表れかと思います。

▼ 公式サイトはこちら

One Tap BUY(ワンタップバイ)

スマホだけで手軽に株式投資。

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。