マネックス証券の口座開設 記入例:初心者向き証券会社

マネックス証券」の口座開設の記入例です。

名前、住所等基本的な項目ではなく「これは何だ?」と迷うと思われる部分のみ掲載しております。記入時の参考に是非どうぞ。

口座開設の方法

マネックス証券では「オンライン上(ペーパーロス)」と「郵送による書類」の2つの方法で口座開設が可能です。

申し込み後の流れ

どちらの方法でも良いと思いますが、各申込みの特徴を下記に挙げておきます。

  • ペーパーロス口座開設
    • 口座開設が早い!(最短3営業日)
    • 書類の郵送が必要なし。
    • 本人確認書類は「運転免許証の表面」のみ。
    • ネット上で個人情報や各種申込み書を入力する。
  • 郵送による口座開設
    • 本人確認書類は「運転免許証」の他、「住民票」「健康保険証」など様々。
    • 書類の返送がある為、ペーパーロスよりは口座開設に時間がかかる。
    • 届いた書類に個人情報や各種申込み書を記載する。

ファイルのアップロードや入力作業がある為、パソコンの操作に慣れている方は、「ペーパーロス口座開設」が良いかと思います。

逆にパソコンの操作に慣れていない方や、特に急いでいない方は「郵送による口座開設」が良いかと思います。

どちらも「マイナンバー」を提出する必要がありますので、事前にお手元に用意しておきましょう~(  ̄∇ ̄)

ちなみに、どこの証券会社も新規口座開設にはマイナンバーが必要になります。

入金先金融機関

入金先金融機関

証券会社への入金先金融機関(いわば振込先)なので、どこでも良いと思います。
出金先金融機関(自分の受取先)の銀行は、後ほど設定出来ます。

特定口座の選択

特定口座の選択

記入項目で悩むのが「特定口座 源泉徴収あり/なし」「一般口座」の選択だと思います。

特定口座と一般口座の違いって?

初心者の方は「開設する (源泉徴収あり・配当等の受入あり」をお勧めいたします。
マネックス証券も推薦していますが、確定申告の必要がなく 初心者にオススメです (  ̄∇ ̄)

あなたと上場会社との関係

あなたと上場会社との関係

こちらは何のために聞いているかというと「インサイダー取引」をチェックする為に聞いています。上場会社にお勤めでないなど項目に関係ない場合は「該当しない」を選んでください。

キャンペーンに関する情報

ご請求コード

マネックス証券が「プレゼント企画などのキャンペーン」を行っている場合に入力します。
行っていない場合は記入無しでOKです。

マネラップ(MSV LIFE) 投資一任口座の開設

マネラップ(MSV LIFE) 投資一任口座の開設

マネラップは、マネックス証券が資産を預かり運用を代行するサービスです。
詳しくは下記にて説明しています。

ちなみに、良く分からない場合や利用を考えていない場合は チェックしないでおきましょう。

本人確認書類の返送(郵送の場合)

「郵送による口座開設」の場合、マネックス証券から後日、書類が発送されてきます。
免許証などの本人確認書類を返送しましょう。

取引が出来るのはもうすぐです (  ̄∇ ̄)

初回ログイン時に行う事

参考までに「1」 : 初回ログイン時で聞かれること

本人確認書類などを提出して、無事、口座開設が完了。
初回にログインすると下記の内容を聞かれます。合わせて参考にどうぞ。

初回ログイン時に聞かれる項目
  1. 金融資産
    貯金や不動産などのご自身の資産です。
  2. 主たる金融資金の性格
    株の基本は余裕資金ですが、近いものをお選び下さい。
  3. 投資方針
    「収益性重視」は文字通り収益性重視の取引になるかと思います。
    株式投資やFXなどの金融商品がそれに当たります。
    「安定性重視」はローリスクローリターンの金融商品。
    国債などの金融商品が当たるかと思います。
    「バランス重視」はどちらも重要って事ですね。私はバランスにした覚えがあります。
  4. 興味のある商品
    「株式」は当サイトで紹介している通常の「株式投資」です。
    「投信」は投資信託でお金をプロに任せて運用します。
    「債権」は国が発行する国債、会社が発行する社債があります。お金を貸すことにより金利収入を得られます。
    「為替」は外国為替でドルを買ったり売ったりして、売買の差額の利益を得ます。
    ※参考までに私は株式だけチェックをしました。

恐らく投資が初めての方はチンプンカンプンだと思います。
私も説明していて頭が痛くなってきました・・・。
分かる範囲内で答えましょう。こちらはアンケート程度のものだと考えて頂いて大丈夫です。

参考までに「2」 : 株式売買手数料コースの選択

株式売買手数料コースの選択

通常の取引であれば「取引毎手数料」を選択しておけばOKです。
1日に何度も取引を行う「デイトレード」などを行う場合は「一日定額手数料」の方が安くなる場合もあります。売買手数料のコースは月に一度変更が可能です。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

5/31(水)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(金)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google