成長株(グロース)投資

成長株投資とは、簡単にいえば、

これから企業の発展が見込める銘柄に投資しよう!

といった期待感がとても込められている投資法です。

代表的な成長株といえば、ヤフー、ソフトバンクなどがそれらにあたるでしょうか。
成長株に投資する場合には割安度を示す指標は無視します。(PER,PBRなど)
なぜならば、成長株は人気が高くそれらの数値はすでに割高になっている可能性が高いからです。

この記事を書いたのは2005年ごろですが、ソフトバンクの株価は徐々に上がっています!

◆ソフトバンクの10年チャートbyマネックス証券
ソフトバンクの株価の推移

では、なぜそんな割高になっている銘柄をみな購入するのかというと、今後の更なる成長を望んでいるからなんです。

たとえるならば、人気アイドルグループの「SMAP」みたいなものでしょうか。
今までの実績はきちんとあり、さらに今後違った一面を見せて活躍してくれるんではないか?という期待を持たせてくれます。

グロース株投資はあくまでも今の業績から未来の業績を予想して、株を購入します。
大事な指標としては、ROEが挙げられ、株主から集めた資金をどれだけ効率よく運用しているか?が大事となります。

例として、ソフトバンクの場合は 市場から集めた資金にて事業買収などを積極的に行っています。

ねらい目としては、数年来、前年比120%以上の売り上げで推移している企業や、経常利益が赤字から もう少しで黒字に転換できそうだ!といった企業は成長性があり、投資価値があると思います。

また、自分が好きな商品・サービスはこれから益々伸びるだろう!と考えて先行投資するのも成長株投資とよべるのかもしれませんね。

どうやって成長株を見つけるの?

成長株を探す方法も割安株と同じく、各証券会社が用意している「スクリーニング機能」を利用する方法があります。

今回の成長株を探す場合にはROEや売上高伸び率、経常利益伸び率などといった条件を当てはめることにより銘柄を探し出すことができます。

当然ながら、条件を厳しくすればするほど、スクリーニングで抽出される対象銘柄は減っていきます。

成長株投資法では企業の成長性を見る指標ROEなどが重要です。期待で買う投資法。

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

3/29(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

2/28(木)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。