「監理ポスト」と「整理ポスト」とは?

証券取引所が上場企業に対して行う 監理ポスト」と「整理ポスト
両者の違いを確認しておきましょう。

個人的には言葉の響きと漢字が似ているので、用語自体を変えてほしいです!

「監理ポスト」とは?

「監理ポスト」とは、株価に大きく影響するような情報が錯綜した場合に行われます。

情報の事実確認を行ったり、上場基準を満たさない事柄が起こりそうな企業に対して、監理ポストが割り当てられます。

投資家に「注意して下さいよ」と注意喚起する為に このような措置がとられます。

監理ポストに割り当てられた銘柄は、事実確認が明確になり、

  • 上場基準を満たす ⇒ 通常の取引に戻る
  • 上場基準を満たさない ⇒ 整理ポストに割り当てられる

ことになります。

持ち株が監理ポストになったら?

持ち株が監理ポストになったら「売却」したほうがよいと思います。
事実確認後、そのまま整理ポストに入るパターンが多いです。

基本的に、監理ポストに入った時点で社会的信用が少しダウンします。

そのまま通常の売買に戻ったとしても信用は落ちていますし、次の段階である上場廃止の「監理ポスト」にはいると、暴落は免れません。 よって、売却することを個人的におすすめします。

「整理ポスト」とは?

整理ポストとは、上場廃止」が決定された企業 が割り当てられるポストです。

上場が廃止された後は、株券を証券取引所で売買できなくなります。
市場で売買ができる期間は原則1ヶ月間となります。

証券取引所を通さないということは、個人間でしか株券を売買できなくなりますので、実質ほとんど売買ができなくなります。

よって、市場で取引できるうちに売却しようという動きが出ますので、株価はどんどん下がっていきます。株価が一時的に上がる場合もありますが、それは「マネーゲーム」として遊ばれているだけです。

整理ポストの取引は、超超ハイリスク・ハイリターンの危険な投資(投機)となります。

持ち株が整理ポストになったら?

上場廃止になりますので売却しましょう。
売却をして「損失(利益)を確定」してください。

「数年後に再上場したら利益が出るよ!」

な~んていう書き込みが掲示板などで現れるかもしれませんが無視しましょう。

再上場する可能性は「0」ではありませんが、上場廃止した時の株券を廃止し、新しく株券を発行して再上場した場合、保有していていもまったく意味がありません。

株券を保有して再上場しなかった場合や原資100%になった場合は、ただの「紙切れ」(無価値)になってしまいますし、節税対策で損失を認めてもらう為の手続きも面倒です。

気持ちの切替が大切です!

持ち株がどんどん下がっていくのは、対象株の保有者としてはとっても心苦しい事ですよね。

ですが、気持ちを切り替えて、次の投資で利益を出せるように頑張りましょう!
悪いのは「アナタ」ではありません。

上場廃止の最新情報は「上場廃止:株式投資データボックス」にて確認することが可能です。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。