夜間取引が可能な「PTS」とは?

夜間取引

私設取引システム「PTS」は、証券取引所を経由せずに投資家が株式の売買を行えるシステムです。

株式市場が終了した15時以降や夜間にもリアルタイムで、株式の売買が出来るので個人投資家に人気があります。


PTSのメリットや利用できる証券会社、管理人の実例をこちらで紹介します。

PTSとは?

PTSとは、東証などの証券取引所以外で株式の売買ができる「私設の取引システム」のことです。

PTSは、Proprietary Trading Systemの頭文字で「ピーティーエス」と読みます。

PTSでは取引所と同じように「買い手」と「売り手」でリアルタイムに株取引ができます。

東証などの株式市場の取引時間以外にも、リアルタイムで株の売買が行えるのが特徴です。

PTSの利用時間は?

まず、株式市場の取引時間を確認したいと思います。
株式市場は午前に開かれる「前場」、午後に開かれる「後場」に分かれます。

取引所 前場 後場

東京証券取引所

9時~11時30分 12時30分~15時

ジャスダック

9時~11時30分 12時30分~15時10分

PTSでは、取引所の取扱時間以外にも取引が可能です。
PTSを取り扱っている証券会社により、取扱時間が違います。

2019.3.18時点
証券会社 デイタイムセッション
(昼の取引)
ナイトタイムセッション
(夜間取引)

SBI証券

8:20~16:00 17:00~23:59

松井証券

8:20~15:30 17:30~23:59

楽天証券

8:00~16:00(Chi-X)
8:20~16:00(JNX)
17:00~23:59

ディタイムセッション(昼の取引)の時間帯は、東証などの株式市場と大分 カブっています。

一方、ナイトタイムセッションの時間帯は、株式市場が終わっている時間帯なので、夕方以降の株取引はPTSでないと出来ません

PTSの特徴は、株式市場が終了した夜間にも取引ができることです。

  • ナイトセッション
    • 取引所が終了した夕方から夜間の取引が可能!
    • 15時以降の決算発表後に取引が可能!
    • 欧米市場の動向を見ながらリアルタイムに取引。
  • デイタイムセッション
    • 取引所が始まる9時前の取引が可能!
    • 取引所の昼休み(11:30~12:30)にも取引が可能!

証券取引所の取り扱い時間外でも取引ができる!

証券取引所の取り扱い時間外でも取引ができるのが PTSの大きな魅力です。

PTSとは?

ワンポイント

SBI証券の場合。

  • 証券取引所の「開始前」(8時20分~9時)
  • 証券取引所の「休み時間」(11時30分~12時30分)
  • 証券取引所の「終了直後」(15時~16時)
  • 証券取引所の「終了後」(17時~23時59分)

SBI証券では朝の8:20からPTSを利用できるので、証券取引所が開く前から取引が行えます。
さらに、証券取引所が終わった時間帯でも取引が可能です。

PTSは何と言っても、日中に仕事をしているサラリーマンでも帰宅後、夜間にリアルタイムで株取引を楽しめる!という、魅力的なシステムです (  ̄∇ ̄)

決算発表後に取引ができる

東証の取引時間が終わる、15時以降に決算を発表する企業が多いです。
これは、取引時間中に決算を発表して株価に影響を与えないよう配慮する企業が多い為です。

決算発表の内容により 翌営業日の株価に影響するわけですが、SBI証券のPTSなら 17:00~23:59の時間帯でも取引が可能なため、決算発表後の当日中に売買をすることが可能です。

参考までに

取引終了後に発表されたニュースにより、PTS(夜間市場)の株価が上がっている図。(東証の終値は3,837円、PTSの株価は4,100円)

富士フィルムHD

図は「富士フィルムHD」ですが、翌日の市場の株価上昇を見込み、PTS市場で投資家が購入しています。

その他の特徴

そのほかのPTSの特徴です。

取引手数料が安い

SBI証券では 証券取引所よりも、PTSの取引手数料の方が安く設定されています。

参考までに

SBI証券の場合、取引手数料が約5%安いです。

1注文の約定代金が5万円以内の場合:47円、10万円以内の場合:86円、20万円以内の場合:100円、50万円以内の場合:238円になります。(すべて税抜価格)

松井証券楽天証券の取引手数料は、同様です。

呼値の刻みが細かい

PTS取引では東証などの取引所取引と比べ、呼値が1/10~1/1,000の単位になっています。

例えば、東証で取引をするときは101円ですが、PTSでは100.1円~100.9円などより細かい株価で取引ができます。

100円で500株購入した場合。

  • 東証で500株を101円で売却注文。
  • PTSで500株を100.3円で売却注文。

東証より細かい注文をすることが可能です。

PTSの注意点

PTSは各証券会社の私設取引システムです。
上場しているすべての銘柄が取り扱えるわけではなく、決められた銘柄のみ取り扱いが可能です。

流動性(取引の活発度)も、利用人数が多い各証券取引所よりは低くなります。

とはいえ、夜間取引できるPTSのシステムは、売買のチャンスが広がります。

夜間取引ができる証券会社

PTSにより、夜間取引ができる証券会社です。
これまでに証券会社名が何度か出てきていますが、現在 PTSを利用出来るのは3社です。

3社を比較したいと思いますが、先行してPTSを提供してきたSBI証券が個人的におすすめです。

楽天証券は2017年12月に、松井証券は2018年3月よりPTSの取り扱いを行っています。

PTSの取扱時間の比較

PTSの最大の魅力は夜間取引です。
昼の取引時間はSBI証券が30分長いです。

2019.3.18時点
証券会社 デイタイムセッション
(昼の取引)
ナイトタイムセッション
(夜間取引)

SBI証券

8:20~16:00 17:00~23:59

松井証券

8:20~15:30 17:30~23:59

楽天証券

8:00~16:00(Chi-X)
8:20~16:00(JNX)
17:00~23:59

取引手数料の比較

SBI証券は、株式の売買1回につき取引手数料が発生します。
楽天証券は、超割コースの場合の手数料です。

(2019.3.18時点 / 税抜価格)
約定金額 5万円以内 10万円以内 20万円以内 50万円以内 100万円以内
SBI証券 47円 86円 100円 238円 462円
楽天証券 50円 90円 105円 250円 487円

松井証券は、「1日の約定代金の合計」により手数料が決まります。

約定金額 1日の約定代金の合計が、
10万円以内 30万円以内 50万円以内 100万円以内
松井証券 無料 300円
500円 1,000円

楽天証券の、いちにち定額コースの場合の取引手数料です。

約定金額 1日の約定代金の合計が、
10万円以内 20万以内円 50万円以内 100万円以内
楽天証券 0円 191円 429円 762円

(実例)飛びつき購入した株式を夜間に売却

管理人は夜間取引(PTS)で何度か売買をしています。

日中に「しまった!」と思うような取引をした場合にも非常に助かります。

参考までに

管理人は2018年12月に上場したばかりのIPOを、終了間際につい買ってしまいました。ブログ
上場直後のIPOは値動きが激しく、翌営業日に下がる可能性がありました。(実際に、その株式は翌日に下落しています)

飛びつき購入をすぐに後悔しましたが、幸いにもSBI証券で購入していたので、夕方にPTSで売り注文を出し、無事 売却。逆に数万円の利益を得られました。

PTSで売却

他にも似たような事例(ブログ)があります。

PTSは単純に夜間の売買チャンスが増えますので、投資家にとっては有難いです。


PTSは取引機会が増える非常に便利なシステムです。
管理人もこれまで数回PTSで取引を行い恩恵を受けています。

PTSは日中リアルタイムに取引できないサラリーマンでも株取引を楽しめるシステムです

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップ企画

岡三オンラインとのお得なタイアップ企画

3/29(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画を行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画を行っています。


そのほかに、当サイト限定企画としてSBI証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画を行っています。
SBI証券タイアップ企画

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。